セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/03/11(木) 23:50:49

[潜在意識] 犬のしつけかたを参考にしよう

セルフコントロールはいつも、衝動的な自分と、理性的な自分の戦い。

戦いが始まったと思ったら、ちょっとメタ視点に立ってみて、元気いっぱいの犬と、飼い主を想像しよう。

ちゃんとしつけがされた犬は幸せだ。
正しい行動を取るから飼い主に怒られず、太ったり、他人に迷惑をかけたりもしない。
でも、しつけられた犬にとっての一番の幸せは、正しい行動を取る時に、いちいちストレスを感じないことだ。

しつけされていない犬は、怒られて嫌々飼い主の言うとおりの行動を取るから、すごくストレスを感じる。

だから、自分をうまくしつけないといけない。ストレスなく正しい行動を取れるように。

問題は、行動の結果がすぐ出ないこと。
「長期的に見て正しい行動」を「短期的にも正しい行動」にしてあげることによって、しつけができるのだと思う。
正しい行動を取ったときに、「すぐにその場で」おやつをあげたり、褒めてあげたりする。これが遅れると、人間の無意識も正しい行動とそのメリットを結びつけて学習することができない。
時間的接着性のないことは、人間の無意識も、犬も理解できないのだ。

人間の行動は「好き」「嫌い」で決まる。
何かを「好き」と学習するのは、要するに、もともと「快」であるものと、時間的に接着していた時だ。いわゆる、パブロフの犬。

正しい行動をとるのが当たり前、無意識に正しい行動を取るようになるまでしつけができれば、ストレスを感じない。
しつけができていないと、正しい行動を取っても「我慢した」というストレスを感じてしまうし、逆に、正しい行動を取れなかったときにも「ああ、しまった」とストレスを感じてしまう。すごく不幸だ。
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/27(水) 07:08:27

[潜在意識] 見るな、感じろ

歩いている大勢の人混みの中から自分の好みの容姿の女性を発見する能力。
たいていの野郎どもは備えてると思うけど、冷静に考えると、これってすごい能力。
スカウターがなくても気で戦闘能力がわかるのと同じくらい、その能力を持ってない人にはびっくりする能力なのでは。

ぼくはサッカー見ながらつぶやいてると、弟なんかから「ああ、ほんまや。なるほどな」と感心されることが多かったりするんですが、これも、ちょっとだけだけど、サッカーやってたからで、特殊能力だと思います。

街を歩いてるだけでも、自分の仕事に関係することについては、他の職業の人には絶対にできないだろうなと思うような、いろんな発見ができます。

たぶん、どんな人でも、そういう特殊な目とか、感じ方とか、アンテナって、あるはずです。
それを意識して伸ばして、増やしていくと、人生楽しくなる気がします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/14(水) 16:11:47

[潜在意識] 「自己創造」の絶対ルール

自分が「たまらないほど好き」になる本―「自己創造」の絶対ルール (知的生きかた文庫)自分が「たまらないほど好き」になる本―「自己創造」の絶対ルール (知的生きかた文庫)
(2009/09/18)
ジョージ ウェインバーグ

商品詳細を見る


わたくし、いわゆる成功本とかライフハック本とか、たくさん読みました。
昔から好きなんですね。
大学受験(15年以上前)に成功したのは、『合格する参考書・ムダな参考書』っていう本(うろ覚え)を読んで、自分で色んな本を読んで勉強法を研究したからだと思うし。
中学生のころから『ホイホイ勉強術』(多湖 輝)読んだり、サッカーの難しい本読んだりしてた。
しかし、ご覧の通り、一向に成功していないわけです。
それどころか、自分の行動に後悔ばっかりしてる。最近、特にひどい。不幸になってきてる気がする。
なぜか。
方法がわかっても、実行できないから。
具体的にやるべきことやその成果、やった結果の成功例なんかを本で読むから、余計タチが悪いわな。

勝間和代は「本当に腹落ちするまで理解すれば、行動は変わる」とか「妬まず、怒らず、愚痴らず」とか「酒・たばこ・テレビは時間のムダ」とか言うし。
『夢をかなえるゾウ』のガネーシャは「意識を変えても、永遠に成功できへん。意識を変えずに、環境を変えるんや」とか言うけど。

たぶん、それ以前の問題だ。

まず変えるべきは、無意識。
成功本やダイエット本を読んでも、無意識に問題があると、実行できない。
『「続ける」技術』を読んでも、無駄だ。

この本をじっくり読むしかない。線を引くとか抜き書きするとかマインドマップつくるとかもしつつ、とにかく時間をかけて考えながらじっくり読むべきだ。
悪い無意識をすべて退治すれば、まず幸福になって、それから成功するだろう。
そう簡単にはいかないだろうけど、悪い無意識と戦う方法が書いてある。
何をがんばれば良いかがわかる。

タッチタイプができるようになるには、無意識にできるようになるまで、意識して繰り返す。それしかない。

英語のタイトル"SELF CREATION"は良いけど、日本語のタイトルはいまいち。
しかし、地味な本だ。リアル本屋で立ち読みしない限り出会わなかっただろう。文庫本で安いし。でも、本当に本質的なことが書いてあるんだよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。