セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/04/17(日) 05:59:39

[人間関係] 男の行動原理は二つしかない

ほとんどの男の行動原理は二つしかありません。
「認めてほしい」と「セックスしたい」です。
一見理解に苦しむ言動も、すべてこの二つから来ていると言って良いでしょう。

認めてあげて、それを表現してあげると、オッサンはあなたのことを好きになります。「ほめる」ことまで必要ありません。認めてあげるだけで充分です。あなたのことを好きになったオッサンは、あなたの言うことを、ほかの人が言うことよりちゃんと理解しようとします。人間、物事を、正しいとか正しくないとか、善いとか悪いとかで判断しません。好きか嫌いかです。好かれて悪いことはあまりありません。ストーカー気質の人には注意が必要ですが……。

「認めてあげる」ことがいかに重要かは、その反対を考えるとわかります。「無視する」です。いじめの代表ですね。私たちは、相手を認めていないと、どうしても態度に出ます。相手の顔を見ずに返事する。かける声に感情がこもっていない。

そして、自分を認めてもらう最短の道は、たぶん、こちらが相手を認めてあげることです。認めてくれていない相手にいかに理路整然と美しく自説を披露しても、受け入れてくれる可能性は極めて低いです。もし受け入れてくれる人がいたら、たぶんその人は、誰でも受け入れる人です。
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/02/15(月) 20:53:19

[人間関係] 遅ればせながら

私もやっと、他人というものに、すこしだけ興味が出てきたようです。

基本的に私は、すでに親しくなってしまった人以外にまったく興味がない。

その場限りの付き合いになることがあらかじめわかっている相手はもちろん、たぶんそこそこつきあわなきゃいけないだろうなあという相手とも、可能な限り関わりを持たないで済ませようとする。

人間が嫌い、というほどでもない。
そう、めんどくさい。
人間関係って、煩わしいことの方が多いから、できるだけ少なくしたい。

でも、仕事上、その場限りだけど、協力してもらわなくちゃいけない相手がいて、誠意を持って交渉してると、相手がこっちのことをすごく気に入ってくれたりして、そうすると、うれしいんだな。

うれしいと、普段から、その場限りの付き合いも、ちょっとだけ丁寧にしたら、相手も気持ち良いし、こっちも気持ち良くなれるかも、と思ったりする。

その場限りの相手にちょっとだけ丁寧にする、というのは、相手を同じ人間だと意識することで、つまり、相手に興味を持つこと。

ただ、今のぼくは、それもいいかな、とは思うものの、やっぱりまだ、めんどくさいと思う気持ちの方が大きいんですけどね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/02/11(木) 23:04:37

[人間関係] バカ上司に対抗する方法

これは、普段から真剣に考えておくべきことだと思う。
下の苦労を何も考えずに気楽に思いつきで指示を出す上司には、とことんしつこく確認をとるべき。
「こういう問題が予想されますけど、そういう指示で良いんですね? 本当ですね? 後で撤回しませんね?」と。

こちらの提案や、決裁をさらに上に仰ぐようお願いしたときに、あっさり「ダメ」という上司には、とことん質問するべき。
「何がダメなんですか? どういうところを改善すればOKになりますか? 提案を却下することによるメリットは何ですか? ダメというのは誰の意見ですか? その判断が誤りだったと後で判明した場合、誰が責任をとりますか?」と。

特に、部下や社外の人間(それも立場が下の)に対しては質問攻めするくせに、上司に対しては「はい」の二文字で終わらせる人は、一体何を考えているのだろう。上司に対してものを言うのが仕事であって、部下に対して言うのはたいていの場合、邪魔をしているにすぎないというのに。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/02/04(木) 23:00:42

[人間関係] いざというときの備え

いざというときのためにやっておかないといけないことは、意外と「表現」かもしれない。

文章なんて、普段から書いておかないと、いざ書かなきゃいけないとなったとき、ものすごく時間がかかったり、書けなかったりする。

しゃべる、というのも、普段から訓練しておかないと、いざというとき、うまくできない。

あと、上司に意見したり、反論したりすること。態度や言葉の選び方。普段から礼儀正しく、正確に、かつ毅然と、気合い・気迫で負けないように、しておかないとね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/29(金) 07:23:44

[人間関係] 面従腹背撲滅運動

今の自分を反省して書くのですが。

上司についての愚痴を言いたくなったら、それはその上司とコミュニケーションがとれてないってこと。
「箱」に入って自己正当化してるってこと。

解決策は、自分が下の立場にいることを徹底的に活かして、教えを乞う形で質問すること。
無茶な指示をされたら、「指示されたことをやろうと今一生懸命やってるんですが、こういう問題点が出てきて困ってます。どうしたら良いでしょうか」等と。

面従腹背は、本当に一時しのぎにしかならない。

コミュニケーションをとりながらやると、その場ではコストがかかるけど、長期的に見れば、パソコンソフトをカスタマイズしたりマクロやプログラムを組んだりするのと同じで、だんだんスムーズに仕事ができるようになる。

仕事を多人数で分割してやる以上、コミュニケーションコストは必要経費。
まず、コミュニケーションをとろうと思うこと。あきらめてしまわないこと。
その後で、コミュニケーションのテクニックを考える。

というようなことを、自分がそうするのはもちろんだけど、部下にも教えてあげないとね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。