FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/01/09(日) 20:38:44

[トレーニング理論] 本当に加圧トレーニングって効果あるの?

加圧トレーニングは、一言でいうと、手や足の付け根を縛ってするトレーニングです。

今やすっかりメジャーになって、「成長ホルモンが出てお肌が綺麗に!」とか「軽い運動で大きな効果が!」とか言われてますが、それは本質じゃありません。

ぼくが加圧トレーニングを知ったのは、少なくとも5年以上前で、その頃は、「魔法のトレーニング法」や「魔法のダイエット法」を一生懸命探していました。
色々試しましたが、「魔法の」と言えるようなびっくりするような効果がある方法は、ありませんでした。
加圧を除いては。

ただし、商用サイトやマスコミで言われてる「効果」は、ちょっと違います。
加圧の本当の効果は

  1. 負荷が軽くて済む
  2. 短時間で済む
  3. 限界までトレーニングした人でも、さらにレベルアップできる

という点です。
誤解されやすいのは1の「負荷が軽くて済む」という点です。
負荷は軽くて済むんですが、ラクにトレーニングできて効果がある、という意味ではありません。
めちゃくちゃしんどいです。

加圧トレーニングの本質は

軽い負荷で、短時間で、めちゃくちゃしんどくなれる

という点なのです。

しかしそれだと商売的にあんまり儲からないので、まるでラクにトレーニング効果が得られるかのような宣伝になるわけです。
ラクをしたいなら、加圧する必要なんかなくて、普通に楽なトレーニングをした方が、お金がかからなくて良いです。

手や足を適度に縛って運動すると、めちゃくちゃしんどいのです。普段なら軽~い運動でも、加圧してやると、あっという間に身体が動かなくなります。
そして、これも加圧の素晴らしい点なんですが、手や足を縛っていたのをほどくと、すぐにラクになります。
普通にトレーニングして同じくらいしんどくなるまで追い込むと、ものすごい疲労が残りますが、加圧ではその残り方が圧倒的に軽いです。

そういう素晴らしいトレーニング方法なのですが、発見した佐藤さんにとって、すごく不都合なことが、二つありました。

一つは、危険であること。
最初は佐藤さんが、トレーニングする人の手や足を一人ひとり縛っていたそうです。きつく締めすぎると、本当に危険なのです。佐藤さん自身、ノウハウを確立する過程で自分を縛っていて、死にかけたそうです。

もう一つは、儲けられないこと。
加圧は、ものすごい世紀の大発見なんです。間違いないと思います。ただ、「方法」に過ぎないので、広めても、儲けられない。

それでどうなったかというと、特許を取って、加圧する(要するに手足を縛ることなんですが)資格というのを作って、資格のある人だけが加圧の道具を売ることができる、ということになりました。

効果は間違いなくあるので、話題になって、加圧のジムとかができてますが、正直、ジムに行って加圧するというのはあんまり意味がないと個人的には思っています。

筋トレというのは、何十回もできる動作をやっても意味がないと言われています。20回やったらもうクタクタでそこの筋肉使えないよ、というくらいの重さ以上ものを持ち上げないといけない。
となると、腕立て伏せが20回以上できる人は、ジムに行かないとそれ以上筋肉をつけるのが非常に難しいわけです。
そこでこそ、加圧の出番だと思うわけです。
加圧すれば、ジムに行かなくても、かる~いダンベルで、充分しんどいトレーニングができる。しかも短時間でできて、疲れがあまり残らない。

腕立て伏せが20回できない人は、加圧をする必要はあまりないと思います。家でやると危険だし、ジムでやるとお金と時間がかかりますから。

私は5年くらい前に、家で加圧してトレーニングしてました。明らかに腕が太くなりました。やがてトレーニング自体、めんどくさくてしなくなりましたが……。

家で加圧するには、道具を買わないといけませんが、これがクソ高い上に、資格を持った人と面接しないと買えないシステムになっています。
数万円するけど圧を変えられる「筋力アップクン」と、2万円以下でベルトで巻くだけの「カーツ」がありますが、ぼくが使っていたのは「カーツ」です。これでもそこそこ効果はあります。というか、すぐにしんどくなれます。

宝田雄大という人が、本の中で自作の加圧道具について書いてますが、この人は、佐藤さんのビジネス仲間に入れてもらってないみたいです。
このブログを読んで自作の道具で加圧してケガしたり亡くなったりする人が出るとすごく嫌なので、「安全ですよ」とは言えません。

それにしても、せっかくすごいトレーニング法なのに、コストが高すぎです。
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/31(日) 22:31:51

[トレーニング理論] 初動負荷理論

ダイエット理論といいトレーニング理論といい、実際にはほとんど役に立たず、ネタにはできているものの、まったく好評を博していない状態でお送りします、今日は初動負荷理論です。

人の話とか本の内容とか、実践するのはともかく、理解するのは子供の頃から割と得意なともぞうですが、正直、この理論は理解できてませんw

むずかしいなぁ……とずっと思ってきたんですが、今になって思えば、この理論を紹介している本の、文章がものすごくヘタなんですね。

『初動負荷理論による野球トレーニング革命』『新トレーニング革命―初動負荷理論に基づくトレーニング体系の確立と展開』『奇跡のトレーニング』『小山裕史のウォーキング革命』といった本を読んだのですが、この小山裕史という人、たぶんすごく良い人なんでしょうけど、とにかく文章がヘタなんです。

でも、イチローとか、中日の山本昌とか、この人のアドバイスですごく変わったらしい。そして初動負荷理論に基づくトレーニングってのは、良いところがたくさんあるらしい。それだけは何となくわかる。

ところが、具体的にどういうトレーニングをしたら良いの? という段になると、最終的には、「専用のトレーニングマシーンを使ってください」という話になる。ジムの会員になって、そこに行かないとトレーニングできないわけです(全くできないわけじゃないけど、あんまり意味ないよ、と書いてある)。

で、わたくし、ほんのわずかの期間、会員になっていました。

しかし、予想どおり、ほとんど行きませんでしたorz

今になって思い出してざっくり言ってしまうと、要は、効率の良い、競技の時に役に立つ動き方には共通点があって、それを追求するトレーニングをすれば、故障しにくいし、可動域が広がるし、筋肉の硬化もなくなるよ、ということだったと思います。

いわゆる筋トレで何が難しいかというと、負荷をかけることです。
効率よく大きな負荷をかけることができれば、筋肉が大きくなる。
効率よく負荷をかけるための動きが筋トレの動きであって、この筋トレの動き(フォーム)を覚えなければ、負荷が逃げてしまって効率よく筋肉を大きくできない。
しかし、筋トレにおいて効率の良い動きというのは、負荷がかかるんだから、当然、競技の時の理想のフォームとは正反対になるわけです。
だから筋トレをしすぎると競技における動きがへたくそになって、「使えない筋肉をムダにつけたヤツ」と言われる。

今になって考えれば当たり前の話ですが、これが当時はわかってなかった。
初動負荷理論のトレーニングをすれば、「柔らかくて良い筋肉がつく」と思ってた。
正解は、「筋肉はつかないけど、怪我をしにくい、効率的な良い動きが身につく」でした。これを目的とするなら、初動負荷理論は役に立つでしょう。ただし、「理論」を理解できるかどうかというと、ともぞうには無理でした。身体で試すには、数少ないジムに行って、やるしかありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/30(土) 07:36:43

[トレーニング理論] マフェトン理論

いろんなトレーニング理論にかぶれてきた私ともぞうがお送りする迷走トレーニング理論、第一弾は、マフェトン理論です。

一言で言うと、有酸素トレーニング至上主義。
無酸素運動は、とりあえず完全にやめましょう、と。怪我をする危険性が大きいし、活性酸素が発生して身体に良くないし、「エアロビック・ベース」構築の妨げになりますよと。

「エアロビック・ベース」というのは、有酸素運動の繰り返しによって身体が獲得する、毛細血管を含めた呼吸器・循環器系等の能力、といったところでしょうか。

有酸素と無酸素の区別はどうやってつけるの? というと、心拍数です。
自分で脈を数える方法もあるけど、難しい上に不正確なので、ハートレートモニター(心拍計)を使います。

私も心拍計を買って、一定の心拍数以下のトレーニングを繰り返しました。

私は藤原裕司著『脂肪を燃やすトレーニング』を読んでこの理論にかぶれ、実践していました。

しかし今考えると、著者の方が想定している競技はトライアスロンなんです(^^;
トライアスロンに筋トレは要らない、と。
必要なのは究極に省エネな身体。

「脂肪を燃やす」能力でおそらく世界一であったマラソンの高橋尚子選手は、トレーニングを休むとすごい勢いで太ったそうです。
そりゃそうですよね。ひと月に何百キロも走る究極に省エネな身体を持った人が、走らなきゃ太るに決まってる。

私はマラソンやトライアスロンをやってみたい気持ちがあったわけではなく、とりあえず痩せたかったのでした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。