セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/04/25(月) 23:25:43

[ブログ] はてブやろうよ

わたくし、1998年から2000年にかけて、「テキスト向上委員会」なるサイトを運営しておりました。
なかみは、要するに手動のはてブで、リンク先のオンライン小説を読んで面白かったらボタンを押してもらう、というもの。
コメント(「推薦文」と呼んでいた)を書き込むこともできました。

ただ、運営は本当に手動で、サイト上のボタンが押されると私のところに作品のタイトルと投票者のIPアドレスが記載されたメールが届いて、それを私が自分の目で見て、得票数を集計して、その多い順に手書きのHTMLを書き直してアップロードして更新するというローテクぶりでありました。
そもそも、このリンク集に載せるには、私は、登録フォームに記載されたURLに置いてある小説をちゃんと読んで、紹介文を書かなければなりませんでした。
それでも、宮本信一郎さんの小説が69票を集めてたり、同一IPで毎週毎週必ず同じ曜日にしつこく投票してくる人がいたり(もちろん票数に反映はさせていないのに)、それなりにごく一部の人のお役に立ててたかなと思っています。

学生だったとは言え、結構な時間を費やしてこんなサイトを運営していたのは、自分が欲しかったサービスだからです。
自分の書いたもの(テキスト向上委員会の場合は小説)に対する評価・感想が蓄積され、紹介される。
当時の自分が、ほんっとーに、心から欲しかったこと。他人にたくさん見られたかったし、評価されたかったし、感想を聞きたかった。

今なら、はてブがあります。

Googleのような機械的な整理はもちろん必要ですが、人間による評価の蓄積すなわち大量の情報の整理は、絶対に欠かせないと思います。
ある程度合理的な評価システムが存在することは、どんな書き手にとっても、少なくとも損はないと思います。
書き手はみんな、ある程度認められたいはずです。まず、認めてあげましょうよ。

はてブは衆愚だと言われたり、偏ってると言われたりしますが、まだまだフツーの人の利用が少ないだけなんじゃないかと私は思います。
みんなもっと、はてブ使いましょうよ。
それから、ともぞうブログの記事も、はてブしてくださいw
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/02/13(日) 23:06:31

[ブログ] ブログのネタのでっち上げ方

ブログのネタというのは、要するに「自分が知ってて他人が知らないこと」。
そして、ブログを書くときに、「オリジナルで、自分にしか書けない、みんながあっと驚くような」ネタを探す必要は、最初は、ない(将棋が強くなりたければ詰め将棋をやるべきだ)。
そこそこのネタで良いから、とにかくエントリを完成させて、アップすること。それを繰り返せば、ネタの料理法が上手くなり、ネタを選ぶのも、見つけるのも上手くなる。

そこそこのネタをつくるのに手っ取り早い方法は、「視点を変える」「基本思想を応用する」こと。
「自分が知ってて他人が知らないこと」なんてあんまりないよ、という方。違います。他人が思いつかないような視点から書けば良いだけです。ただし、意識して視点を変えるだけでは、深い文章は書けません。そこで、基本思想を応用します。基本思想というのは、あなたが普段から持っている考え方です。「プロとしての心構え」でも「主婦として世間に訴えたいこと」でも「昔からのサッカーファンとしてのこだわり」でも何でも良いです。ただ、応用範囲が広くて、オリジナリティが高くて、レベルの高い意見をたくさん持ってた方が、もちろん有利になります。

例えば大相撲の八百長問題。
基本思想として「スポーツ選手の人生設計支援・セーフティネット」について普段から考えている人なら、子供の頃から相撲一筋で生きてきた力士に対して人生設計をどう支援してあげるのか(急なケガで引退する時の収入とか、他の職に就かなければならない時のための教育とか、年6場所は多すぎてガチンコだと故障のリスクが高すぎるんじゃないかとか)という視点から書けます。
それだとありがちすぎるというなら、行司の立場から書いてみる。スポンサーの立場から書いてみる。力士と仲の良いスポーツ新聞の記者の立場から書いてみる(しばらくはネタに困らないけど、力士がかわいそうだ、とか)。

小向美奈子のニュースについて、もし自分がファンだったら、友達だったら、親だったら、兄妹だったら、マネージャーだったら、捜査関係者だったら、隣に住んでたら、裁判官だったら、薬を売ってあげてたら、本人だったら、と考えてみる。そして自分の基本思想と結びつけて語ることができれば、じゅうぶんネタになります。
そしていつもそうやって書いてると、だんだん基本思想が普遍的でレベルが高くてオリジナルになっていきます。

じつはこの方法は、ぼくの大好きな本(メディアマーカー - tomozoのバインダー / 梵我堂の〈本音で迫る小論文〉 (受験面白参考書))に載っています。ブログや文章を書く人にぜひ読んでほしい本です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/02/12(土) 22:23:43

[ブログ] ブログを書く動機とネタ

ぼくが一番ブログを書きたいと思うのは、「俺の考えは他人と違う、でも正しいはずだ」と思った時。

岡田斗司夫はドヤ顔を禁止した(岡田斗司夫のゼネラル・プロダクツ:魁!ブログ塾「どや顔に気をつけろ!」)けど、ぼくは、ドヤ顔、いいと思う。というか、ドヤ顔するためにブログ書くのに。と思う。
相手の顔をつかんで、目の前で大声で説教するヤツがいたら排除すべきだと思うけど、ドヤ顔っていうのは、他人が見てくれてることを期待しつつ、自分では完全に満足しながら、「見てくれた?」とささやかにアピールする顔であって、実にほほえましいと思うのだけど。
自己満足って大切だし、読みたい人は勝手に読んでね、読みたくない人は読まなくて良いから、自分でフィルターかけてよね、というのが今のネット上のコミュニケーションのはず。
罪山さんのように悩んでしまう(ブログを書くこと、その地獄 - 俺の邪悪なメモ)人もいるでしょうけど、ぼくは結構割り切れてて、「俺は他の人とは違う(キリッ」という顔をすることに迷いはあんまりないのです。

ただ、あまりにも「俺は違う」に偏りすぎると、読者に対する「認めてほしい」「賛同してほしい」「読んでほしい」という欲求が満たされなくなるので、ある程度の戦略が必要かなと。
そこで参考になるのが プレゼンのための5:3:2の法則 ? ライフハック心理学 で、受け手にとって知らない話ばかりされるのは受け入れられなくて苦痛で、受け手が知ってることが5割、言われてわかることが3割、初めて聞くことが2割くらいがちょうどいいんじゃないの、という説。
読者をどう想定するかにもよるし、自分の動機も保たなきゃいけないんだけど、まったく受け入れられないのは苦痛ですからね。

ネタって、要するに「自分が知ってて他人が知らないこと」。
ただ、自分が知ってることの中で「他人が知らない」ということを知らずにいる場合が意外に多いなとぼくは感じていて、そこを発掘することも大事かな。
「他人が自分とは違うことを考えてる」と気づかされたときに他人を攻撃する文章を書いてしまうと、説教臭くて受け入れられにくい話になってしまうかなとも思うけど、書く動機が保てるのは、やっぱり、自分だけが圧倒的に知ってることかな。
内容的に正しかったり普遍性があったり役に立ったりすることの他に、読者と自分の違いをちゃんと認識して、なあなあにならずに丁寧に説明して、かつ攻撃的になったり嫌みを言ったりしないのが、たくさんの人に受け入れてもらえる書き方かな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011/01/05(水) 22:48:40

[ブログ] ともぞうについて

もともと文章を書くのが好きで、学生時代はネットで自己顕示欲を発散してたんですけど、就職して仕事が忙しくなり、できなくなりました。
それどころか仕事して酒飲んで寝るだけの依存性・リアクション人生になってしまってました。
で、そこから脱出するために色々考えたことを書いてます。

それから、仕事は忙しくても本は読んできたので、その紹介とか感想とか。

自己啓発書のカテゴリでは、小津次郎という主人公と、その飼い犬の小次郎とで、自己啓発書について架空の掛け合いをさせています。もっと小説風に、フィクションのブログを書こうと思ったのですが、ちょっと中途半端ですね……。

読書は

メディアマーカー - tomozoのバインダー

に記録してますので、たとえば、★5つで絞り込みとかすると、ともぞうおすすめの本がわかります。

あと、メディアマーカーでは本の内容自体にはあまり触れず、ネタバレしないように書いていますが、ともぞうブログの「感想・書評」カテゴリでは内容に触れていることが多いです。

また、1冊ずつの感想はメディアマーカーに書いていますが、他の話と絡めていたり、シリーズについて書く場合には、ともぞうブログで書いています。

メディアマーカーの各本のエントリには、ともぞうブログの関連エントリへのリンクを埋めてあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/08/05(木) 23:39:04

[ブログ] 書きたいネタと望まれるネタ

そもそも、ブログを書こうと思うのはどういう時か。
ぼくの場合、何か思いついて、それが面白いと思ったとき。
しかし、それを面白いと思うのは、自分にとって新しいからというだけのこと。
他人からすれば、自分にとっては新鮮ではないことでも面白いと思うかも知れない。むしろ、そんなことの方が多いと感じる。自分にとってはわかりきっていること。でも、前提知識の違う人にもわかる言葉で説明をしたことはないこと。
そういうことを書く方が、読者にとってはたぶん面白い。
それに、自分ではわかっているつもりのことを説明するのは、新たな発見があったり、表現力を磨く機会になったりしそうだ。
さらに、ネタに困ることもなさそうだ。
ただ、文章を、納得いく形にするのが大変だ。難しい。手間がかかる。
新しいことなら、考えがまとまったところが、着地点だ。
でも自分の中に元々ある考えを表現するには、切り口を考えなくちゃいけない。膨大な量を体系的に説明したくもなってしまう。

ブログというか、ネットって、フツー、体系的に書くものじゃない。思いつきで、書きたいという短期的な気持ちに動かされて書くもの。何日もかけて記事を書くなんて、今まで考えたこともなかったし。
ただ、体系化することそのものが楽しければ、それもありで、他のブログと差別化できて良いかもしれないなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/06/08(火) 20:25:54

[ブログ] 有意義なブログの続け方

ブログの発展させ方

「成功した私がみなさんにその方法を教えましょう」というエントリでないことはわざわざ断るまでもないと思いますが。
今の私が考えて、こうやっていったら良さそうだな、こうやっていこう、という話です。

ブログは最初、1個の記事しかない寂しい状態から始まります。
以下のように、地道にやっていくのがよろしいのではないかと。

  1. 無理にでも毎日記事を書いて、ある程度の数を貯める
  2. 最初はカテゴリを分けない
  3. 検索・はてなブックマーク・RSSリーダ・tumblr等を駆使して面白い記事・ブログを探す
  4. 面白い記事について
    • コメントつきではてブする
      1. 相手もこっちを見てくれるかも
      2. 直接相手のブログにコメントを書き込むよりは敷居が低い
      3. 自分のセレクションやコメントが蓄積する
    • 筆者をツイッターでフォローする、話しかける(フォローを返してくれるかも)
    • トラックバックでエントリを書く
  5. 自分が書いた記事を読み返す
    • カテゴリに分けて整理する
    • 作成したカテゴリの内容で、これまで記事にしていない内容を書いてみる
    • いくつかの記事をまとめてみる
    • 自分が興味のあるテーマが浮かび上がってくるはずなので、それについて新しい切り口を考えたり、まったく別のジャンルと組み合わせてみる
    • 何でも良いので、ランキング形式にできないか考えてみる

何が有意義か

  1. 自分の考えがまとまっていく
  2. 毎日新しいことに気づけるようになる
  3. 友達ができる
  4. 書いたものが蓄積して財産になる
  5. 自分が興味を持っていることが浮かび上がってくる。それを意識していると、そのテーマに沿った情報が自然と集められるようになる
  6. 他人への発信という目的を設定することによって、効率的に情報処理できる
  7. ブログという枠をつくっておくと、思いついたことをすぐに形にできる。枠がないと、アイデアを形にするのに手間がかかり、せっかくの発想を忘れてしまう
  8. 新しい気づき・発想を得たり、うまく自分の考えがまとまればうれしいし、面白い文章が書ければ見てもらいたくなる。だからブログを書くことそのものが楽しい

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/05/19(水) 23:47:35

[ブログ] ブログを続ける方法

ツイッターだと、つぶやきたいときにつぶやいて、RTされたり@が返ってくるとうれしいけど、もし何もなくてもそれで終わり。何ら問題なし。

ブログで同じようにしてると、何か寂しいのはなぜだろう。

ツイッターはフローで、基本的に自分をフォローしてる人しか見ないし、そもそも「つぶやき」。
それに対してブログはストックで、不特定多数が見ることができるように公開しておくもの。
そういうイメージが、意識しなくても頭に浮かぶからかも。

ブログを書くなら、ちゃんと蓄積されているのを感じられないと、続けるのが辛くなってしまう。
イチローみたいに、打率ではなく安打数を目標に。

書かれて、常連さんに読まれた後のエントリは、どうなる?
何も考えずに書かれたものは、たぶん、誰にも読まれない。
読まれるためには、検索に引っかかるようにすること。
自分の書いたものを読んで面白いと思う人が、どんなキーワードで検索して自分のエントリにたどりつくか、考えてみて、そのキーワードでインデックスされるようにしておく。
今の時代の「整理」は、綺麗に並べたり要らないものを捨てたりすることではなく、検索されやすくすること。つまり、適切なキーワードを探して埋め込んでおくこと。

そもそも、書いたものを公開する以上、読まれなくては意味がないわけだから、検索されやすいフォーマットで書くことも必要だろう。
1エントリ1テーマ、1キーワードと決めて書く。
わかりやすい文章を書くのと同じで、読み手への思いやり。

結果的に得られるメリットの一つは、時間の経過に耐えうるものを、不特定多数の人にわかるように書くことで、書く能力が上がる。
もう一つは、自分の書いたものの蓄積が、名刺代わりになる。

「ネットで目立ちたい」「とにかくアクセスを増やしたい」というのとはちょっと違う。
どうせ書いて公開するのなら、ちゃんとその努力が蓄積されるようにしたい。
検索されやすいフォーマットで書かないと、せっかく書いたものが、いつかどこかに出てくる読者に届かない。

ただ、キーワードを入れて、1エントリ1テーマに整理して書く、ということをみんなが徹底していくと、どうなるか。
ネットで文章を読むときに、ブログ単位、人単位ではなく、エントリ単位で読んでいくようになる。
一つのエントリを読んでも、同じブログの、同じ書き手の他の記事を読まなくなる。もう、なっていると思う。

ブログを定期的に読んでもらいたかったり、自分という人間を知ってもらいたければ、エントリの内容の正確さやレベルの高さではなく、書き方や、書き手のキャラクターを気に入ってもらわなくてはいけない。エントリの実用性・正確さ等は、競争が激しく、レベルが高すぎることも多い。

ただ、まずは、ちゃんとエントリを「整理」しながら蓄積していくことが大事。

できる100ワザ SEO&SEM 増補改訂版 アクセスと売上を倍増させるヤフー!・グーグル対策』を読んで、目からウロコが落ちて、考えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/03/23(火) 22:06:09

[ブログ] 発展性(ツッコミを入れるスキ)

毎日の出来事の単純な感想とか、短い情報のやりとりなんかはツイッターで良いとして、ブログではちょっと深く考えるために質問を使いましょう、という話を、昨日しました。

自分からいったん離れて、もう一人の別の自分になって自分に質問してみるわけですが、ここで、ちゃんと二人に分裂しないといけません。
頭の中だけでやっていると、どうしても質問する側と質問される側がなあなあになってしまって、客観的になりきれません。
ので、紙に質問と答えを書いてみることをおすすめします。
紙に書かれたものは、「他者」なので、ツッコミを入れたりやすくなったり、そこから新しい連想が生まれたりします。
パソコンだと、文章の形にしてしまいがちです。文章の形にするには、ある程度結論を出すことが必要なので、別の形に発展する余地が少なくなってしまいます。
あっさりと結論を出しちゃうと面白くなりません。充分考えて、弄んでから結論を出す方が面白いです。

逆に考えると、一人で考えるときには、結論が出ていることをあえて保留してもっと考えた方が良く、他人に伝えるときは、結論が出てなくても結論が出ているようにして伝えた方が良い、ということです。
「良い」というのは、その後の発展の余地がある、ということです。ツッコミを入れるスキができるので面白い、ということです。
本当はAという結論を主張するには根拠が足りなかったりしても、あえてAを力強く主張してみると反論・ツッコミが入って面白い議論になるかもしれないよ、という話です。いわゆる「釣り」。

自分と対話しながら文章を作って、それを他人に投げかける、という経験を重ねていくと、自然とわかってくる部分だと思うので、今私はそこまで考えてませんけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/03/22(月) 23:32:37

[ブログ] ツイッター時代のブログの書き方

昔はブログに、その日の出来事とか、思いついたこととか、そのまま書いていました。
でも今はツイッターがあるので、そういう単純で、時間が経過したらどうでもよくなる場合が多い内容は、ブログに書かなくなりました。
たぶん人によっては、「もうブログ要らね¢( ・・)ノ゜」ってなると思います。

でも、複雑なことを理解したり考えたりするには、図や文章を書くのが一番なんですね。
それも、他人が見たり読んだりしてわかるように書く。
というか、それができなければ、わかってない。理解できてない。定義できてない。
表現できなければ、再現できず、存在しないのと同じです。

他人をおもしろがらせることのできるネタが思い浮かんだら、そのまま「つぶやく」だけでももちろん良いんですが、ただつぶやくだけじゃなくて、詳しく説明しないと理解できないだろうなっていうネタもあるし、深く考えたり色んな意見をまとめることによってはじめて他人をおもしろがらせる(と同時に自分の勉強になる)ネタもあります。

ので、現在の自分としては1行のメモで理解できるので紙の手帳に書いておくけども、ブログの記事にするために色々考える、ということになります。

その時に、質問を使います。

質問をするというのは要するに、いったん自分から離れて他人になってみて、自分にツッコミを入れると言うことです。
一言でいうと客観的になるということです。

「それじゃわからんわ。具体的に言うたらどういうことやねん」
「いつ? だれが? どこで?」
「要するに何が言いたいねん」
等々。

社交的でおしゃべり好きな人は、一人では意外とこれができません。でも、他人がいると簡単に同じことができます。相手の相づちや反応を見て自分でしゃべりながら、自分が本来何を言いたかったのか理解していきます。だから、相づちのうまい人に聞いてもらうとすっきりして、おしゃべりがますます好きになっていくんだろうなと想像します。

でもぼくみたいな人間は、一人で考えて、自分で「間違ってないな」と思えて、しかも「しゃべっても大丈夫そうだな」と思ってから一気にしゃべるので、早口で、相手に理解する時間を与えず、話が盛り上がりませんw
ま、それは置いといて……。

もう一人の自分になって自分に質問するときに、パターンを覚えておくと、「何を考えて良いかわからない」ということがなくなります。
「あんまりよくわからないけど、何がわからないかもわからない」ってこと、結構あると思います。
そういう場合は、次のような質問をします。
「具体的に言うと? いつ、だれが、どこで、どうした場合のこと?」
「要するに(抽象的に言うと)?」
「○○と似てるけど、どこが違う?」
「理由は? 原因は? もしそうだとしたら、その結果どうなる?」
「野球に例えたらこういうことであってる? 芸能界の出来事で例えたらあれといっしょ? 歴史上の出来事でいうと……」

フレームワークが流行ってますけど、ビジネス書に載ってる狭義のフレームワークって、要するにコンサルタントが使うビジネス上の考え方であって、より一般的に使えるのは、「質問の型」だと思います。
質問の型をあらかじめいっぱい用意して覚えておくと、自分一人で考えるときはもちろん、人の話を聞くときも、より詳しく相手の話を理解できるし、会話が発展して楽しくなります。
特に「○○と似てるけど、どこが違う?」は強力です。
似たものを探して、そっくりなものがあれば、同じではない理由を考えれば、かなり細かいことまで理解できます。

そうやって考えた後、他人にもわかるように表現するのがまた、大変ですが……。
裏技というか、単純にそのまま、Q&Aとか、会話の形で文章を書くのも手です。

ダビスタ99/SS/PS 共通FAQ
くまっち・トカトンのSS版ダビスタ日記6(TSL・2)

複雑な内容を、ただ説明するだけでは書いてて面白くないですけど、こういう形にすれば、面白く書ける場合もあります。

というわけで、ツイッターだけでなく、ブログもがんばって書いていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/27(水) 00:35:11

[ブログ] ブログ更新できず

毎日更新するつもりでしたが、できませんでした。
サボったわけじゃないけど、くやしい。
更新できなくなる可能性があるのはわかってたのに、まあ大丈夫だろうと思ってたのが甘かった。
日付変わるまでPCに向かえない可能性があるときは、朝更新しよう。
とにかく準備が大事ですな。
ほんの少し頭の中で準備するだけでも全然違う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/01/10(日) 19:39:31

[ブログ] 「3分間ブログ」の試み

3分間でブログを1エントリー書く。
毎日ブログを更新したいけど、「忙しい、時間がない」と言い訳をしてしまいがちなので、書く時間を3分間に限定することにしました。
3分間で書きたいことをまとめるというのは頭のトレーニングにもなって良いだろうと。
そして3分間でどれだけ内容があって長い文章を書けるかというチャレンジの要素も入れられるので、単に「毎日ブログを書く」だけよりも、ずっと良いだろうと。
さあ、これで「時間がない」という言い訳はきかないぞ。集中してがんばろう。

というわけで、ある程度続けることができました。
ただ、書き始めるとどうしても3分間だけじゃなくて、もっと長時間かけて書きたくなる。
そこで、3分間ブログを毎日やるのではなく、3分間だろうがもっと時間をかけようがどちらでもいいけど、どちらかは必ず毎日やる、ということにしました。
そして3分間で書かない場合にも、書くのに何分かかったかを、記録しておくことに。
3分間ブログは、文章の形での下書きや、コピペは禁止。ただし、手書きのメモはオーケー。
基本的に1エントリで完結するように書く。想定する読者は、見知らぬ人。
3分で書いたエントリの修正は、簡単なものはしても良い。大幅な修正や追加は別エントリで。

というルールを考えました。
このルールを適用することによるメリットは、

「忙しい」という書かない言い訳を潰せる。
時間を意識することによって脳に負荷をかけ、チャレンジの要素を盛り込める。
空いている時間にネタを考えるようになる。
生活の中での気づきを促す。

ということです。

今はもう、毎日書かなくても良いな、と思っているので、やっていません。
ただ、こういうルールを作って無理にでもやってみるのも良いものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/10(土) 10:08:02

[ブログ] 目立つ力(ただし、人生を楽しむための)

勝間和代『目立つ力 (小学館101新書 49)』を読んだ。
まあ、ネットで目立つことができて人生が変わった勝間さんの、いつも通りの自慢話なわけだが。

まず、人生が変わるかどうかは宝くじだとしても、無料の宝くじだから買わなきゃ損、というのは間違いない。

仕事に直接役立つ人なら、ネット上で目立つ努力は当然しなきゃいけない。営業だもんな。

ぼくはネットで仕事の話はできないけど、人生を今の仕事だけに投入するのはリスクが高い。人生を楽しむには自分を知ってもらうこと、他人を鏡にして自分を知ることが大事。

気がついたら、ブログやmixiのプロフィールに何書いていいかわかんねえもんな、おれ。
ちょっとがんばろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。