セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/24(土) 23:55:10

[ダイエット] 失敗談3 胃袋ダイエット

失敗談というか。
始める前から、まあ、無理だな、とw

胃袋ダイエット』というヘンな名前なのは、特に何かをするわけではないからです。
ただ、諸悪の根源は胃袋が大きくなってしまっていること、という理論に基づいたダイエットみたいです。

満腹感のセンサーは胃の入り口にあって、食べ物が胃の入り口付近まで来ると満腹、来ないとまだ満腹じゃない。
胃が大きくなると満腹になりにくい、胃を小さくすればすぐ満腹になる。

だから胃を小さくしましょう。

うん、わかった。どうやって?

食わないことによってorz

それができりゃダイエットできてるわ!
ま、「食わないダイエット」って名前にはできないわな。

ただ、ちょっとだけ他と違う重要な指摘は

 カロリーが問題なのではなく、量(体積)が重要

ということ。
これはぼくの経験上もその通りで、水も飲みすぎると太るんだ(いや、もちろん、水を飲んだその直接的な影響だけで太るという意味ではないよ)。
そう、量(体積)をたくさん食えば食うほど、もっと食えるようになる。
胃袋が大きくなるし、精神的にも、食うことに対する抵抗がなくなる。むしろ逆に食う動機が強化されて、しまいに、強迫的に「食わなきゃもったいない」と思いこんでしまう。胃袋に隙間が空いている感覚とリンクしてしまうと、もう大変。関連づけしちゃダメです。

そして、量(体積)は、カロリーよりもずっと簡単、正確にはかれる。
だいたい、翌日の体重と相関関係があるのはカロリーじゃなくて重量。カロリーを計算しても、吸収率不明、いつの食事がいつの体重に影響してるかも不明。
それより、胃袋を小さくして、将来に満腹感を得やすくし、過食を防ぐためのトレーニングをしましょう、という趣旨。一理ある。

ただ、具体的な方法が…

一つだけ、「いつも通りの食事を目の前において,その3割を残す」というのが提示されてるけど、単なるムダに終わってしまいそうな予感がプンプン、実行するための精神的なハードルも高い。

さらに、1回でも胃袋がパンパンに膨らむ食事をしてしまうと、それまでの努力は水の泡になりますよ、と言われたら。6カ月は胃袋をパンパンにせずに我慢しろ、と言われても。

やる前から、まあ、無理だな、とw
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/22(木) 06:32:02

[ダイエット] 失敗談2 朝バナナダイエット

今日は『朝バナナダイエット』です。

朝食を食うべきか食わないべきかっていうのは意見が分かれてるんですが、要するに、食う派は

 朝食を食わないと、昼食い過ぎる(1日2食は相撲取りのすることだ)
 朝食を食わないと、午前中のエネルギーが得られない

ということを主張します。食わない派は、要するに

 朝食は胃腸に負担がかかる
 絶食時間は長い方が体重減少に効果がある
 抜きやすいところで一食抜いた方が1日の総カロリーが減る
(朝から料理するのはめんどくさい)

と主張します。

朝バナナは

 胃腸に負担をかけずにエネルギーを得られる
 栄養バランスが整うことで、過食を防げる
 買っておいて、手で皮をむいて食うだけなので手間がかからない

という利点があり、たしかに理にかなった習慣です。問題は

 バナナばっかりだと飽きる
 体重減少の主原因となり得ない

ことです。

朝食の取りすぎで消化不良を起こして太っている人、朝から菓子パン等を食っててカロリー取りすぎ、栄養が偏っている人には、当然効果があるでしょう。
しかし、それ以外の人には、良い習慣ではあるものの、朝にバナナを食う「だけ」で体重が減るのではなく、その上で総摂取カロリーを減らして運動しないとダメだと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/21(水) 06:39:53

[ダイエット] 失敗談1 デッドリーダイエット、ドーピングダイエット

デッドリーダイエット』という本によって、「ドーピング」が意外と簡単にできることが、一部の人に知られるようになった時期がありました。
ネットで海外から個人輸入すれば、結構何でも手に入る。
代謝アップ系、筋肉増強系、食欲抑制系。

効果はあるはずです。ただ、個人差も大きいはずです。
そこで問題は、ちょっと変わった方法を試すときは、徹底的にやらないと意味がない、ということです。
他の方法を併用したり、中途半端にやったりすると、成功でも失敗でも、結果が出たときに、相関関係がわからない。
「ドーピング」は個人差が大きい(ダイエット自体が個人差大きいですが)上に、副作用が怖くて徹底的にやるということができない。
それから、そもそも、先に酒をやめないといけません。
あと、クスリは結構高いです。さらに、ネットで情報を集め始めると、ちょっと頭が混乱します。

まあ、ダイエット法を研究するのが趣味みたいなぼくには、興味深い世界です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/19(月) 06:27:26

[evernote 情報収集 整理法] 整理、整理、また整理

部屋をちょっとだけ片付けて、CDをiTunesに入れたり、紙をスキャナで取り込んだり、むかし読んだ本をメディアマーカーに登録して整理したり、PC内に保存してた写真を見直したり。
過去をデジタル化して、引っ張り出しやすくできた。
モノを捨てちゃうのはちょっと寂しいけど。
作業中に色んなことを思い出した。
ここ何年か、1日1日が分断されてて、前の日にしたこと、やりたいと思ったことも、眠る前の酒で流されて消え去ってた。
ただ、本を読むことはやめなかったし、その時その時でがんばって生きてきたよなあ、と。

前からずっとやりたかったことができて、自分のことがちょっとだけ好きになれた、充実した週末でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/18(日) 14:16:38

[日記] サブリミナル

原罪

以前ここを走って通り過ぎたとき、なんかどきっとしたんです。前向いて走ってたんで、視野の端っこに入っただけなんだけど、無意識はちゃんと認識してたんですね。フォトリーディングじゃないけど。

で、どきどきしながらUターンして確かめたら、こんな怖いこと書いてあった。で、撮影しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/14(水) 16:11:47

[潜在意識] 「自己創造」の絶対ルール

自分が「たまらないほど好き」になる本―「自己創造」の絶対ルール (知的生きかた文庫)自分が「たまらないほど好き」になる本―「自己創造」の絶対ルール (知的生きかた文庫)
(2009/09/18)
ジョージ ウェインバーグ

商品詳細を見る


わたくし、いわゆる成功本とかライフハック本とか、たくさん読みました。
昔から好きなんですね。
大学受験(15年以上前)に成功したのは、『合格する参考書・ムダな参考書』っていう本(うろ覚え)を読んで、自分で色んな本を読んで勉強法を研究したからだと思うし。
中学生のころから『ホイホイ勉強術』(多湖 輝)読んだり、サッカーの難しい本読んだりしてた。
しかし、ご覧の通り、一向に成功していないわけです。
それどころか、自分の行動に後悔ばっかりしてる。最近、特にひどい。不幸になってきてる気がする。
なぜか。
方法がわかっても、実行できないから。
具体的にやるべきことやその成果、やった結果の成功例なんかを本で読むから、余計タチが悪いわな。

勝間和代は「本当に腹落ちするまで理解すれば、行動は変わる」とか「妬まず、怒らず、愚痴らず」とか「酒・たばこ・テレビは時間のムダ」とか言うし。
『夢をかなえるゾウ』のガネーシャは「意識を変えても、永遠に成功できへん。意識を変えずに、環境を変えるんや」とか言うけど。

たぶん、それ以前の問題だ。

まず変えるべきは、無意識。
成功本やダイエット本を読んでも、無意識に問題があると、実行できない。
『「続ける」技術』を読んでも、無駄だ。

この本をじっくり読むしかない。線を引くとか抜き書きするとかマインドマップつくるとかもしつつ、とにかく時間をかけて考えながらじっくり読むべきだ。
悪い無意識をすべて退治すれば、まず幸福になって、それから成功するだろう。
そう簡単にはいかないだろうけど、悪い無意識と戦う方法が書いてある。
何をがんばれば良いかがわかる。

タッチタイプができるようになるには、無意識にできるようになるまで、意識して繰り返す。それしかない。

英語のタイトル"SELF CREATION"は良いけど、日本語のタイトルはいまいち。
しかし、地味な本だ。リアル本屋で立ち読みしない限り出会わなかっただろう。文庫本で安いし。でも、本当に本質的なことが書いてあるんだよな。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/10(土) 10:08:02

[ブログ] 目立つ力(ただし、人生を楽しむための)

勝間和代『目立つ力 (小学館101新書 49)』を読んだ。
まあ、ネットで目立つことができて人生が変わった勝間さんの、いつも通りの自慢話なわけだが。

まず、人生が変わるかどうかは宝くじだとしても、無料の宝くじだから買わなきゃ損、というのは間違いない。

仕事に直接役立つ人なら、ネット上で目立つ努力は当然しなきゃいけない。営業だもんな。

ぼくはネットで仕事の話はできないけど、人生を今の仕事だけに投入するのはリスクが高い。人生を楽しむには自分を知ってもらうこと、他人を鏡にして自分を知ることが大事。

気がついたら、ブログやmixiのプロフィールに何書いていいかわかんねえもんな、おれ。
ちょっとがんばろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2009/10/04(日) 22:14:35

[やる気を出す方法] 幸せって何だっけ

9月は忙しくて、前半は耐えたけど後半耐えきれずに太ってしまいました。
遅い時間に帰宅→帰って飲んで食うだけが楽しみ→腹パンパンになるまでいってそのまま寝る→後悔しつつも翌日も同じ といういつものパターン。

でもね、しんどい仕事でもね、例えば
 スナックのママが話聞いてくれる
 自分が世の中の役に立ってるような気がする
 部下に尊敬のまなざしを向けられる
 上司が飲みに連れて行ってくれてほめてくれる
のどれかがあるだけで、男って結構がんばれたりするのよ。

他人から見たらサエないモテないダサいオッサンでも、そんな小さな幸せのためだけにしんどい思いして仕事してる人って、偉いと思わない? いや、思わないならいいんだけど……

しかし、小さな幸せがなくなったときに、はじけてしぼんでしまうんだな。勝間和代みたいに脱出できりゃいいけどね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。