セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/08/22(日) 15:05:41

[考えない練習] 一切皆苦

タバコが美味い理由として、『読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)』に、次のような趣旨のことが書いてありました。

タバコを吸うことによって、タバコを吸っていない時間すべてが、苦痛の時間になる。タバコを吸っている時間だけが、苦痛から解放された時間になるから、いつもタバコのことしか考えられなくなる、と。

タバコをやめようとがんばった経験のある人なら、この説明、実感としてよくわかるのではないでしょうか。ぼくも、なるほどと思いました。
と同時に、でも、それならそれでいいんじゃないか、と、タバコをやめたくなかった当時のぼくは、思ってしまうわけです。
人生の楽しみなんてみんなそうじゃないか、と。
しんどい思いして仕事をするからこそ、それが終わったときには達成感や開放感が得られる。楽で簡単な仕事で得られる充実感は、たいしたことがない。
結局、「タバコの快楽はタバコを吸えない苦痛からの開放感にすぎない」という、なかなか素晴らしい発見も、禁煙にはあまり役に立ちませんでした(その他の禁煙のデメリットや、タバコに支配される不自由からの脱出を考えることが禁煙に役立ちました)。

煩悩リセット稽古帖』に、一切皆苦の説明として、次のようなことが書いてあります。
修行中、何時間も裸足で歩き続けていて、道の上の小石を踏むたびに痛みの苦を感じてから、砂地に足を踏み入れると、至福を感じる。しかし、歩き始めてすぐに砂地に入った場合、何も感じない。「楽」というのは、「苦」がなくては存在しないただの蜃気楼、思考の詐欺なのだ、と。
タバコといっしょですね。
無条件な、独立した「楽」というものはない。ただ、「苦」だけがある。「苦」から解放される時に現れる蜃気楼が「楽」である。
一切皆苦、すべてが苦である、なんて言われると、「ええ~、そんなんイヤやなあ。人生に楽しいことがなかったら生きてても仕方ないやん」と思ってしまいますけど、実はちょっと違います。
「楽しい」って何でしょう?
「ああ、今楽しいなあ」って思うこと、ありますか?
「楽しいなあ」と思うということは、自分の状態を自分で見て分析してるわけで、ある程度冷静なんですよね。つまり、あんまり夢中になってないってことなんです。本当に夢中になって今やっていることに熱中してやってる時って、そんな分析してるヒマなくて、あっという間に時間が過ぎ去ります。旅行は計画・準備の時が一番楽しいというのはそういうことで、つまり、「楽」という状態は、ないのです。あるのは、「フロー」であり、将来の「楽しみ」であり、蜃気楼の「楽」です。
そして、今やってることがやりたくないことである場合、当然やっている対象以外のことを考えますから、「はやく終わって欲しい」と思ったり、「苦しいなあ」と思ったりしますよね。だから、「苦」という状態は、あるのです。

ここまで書いてきたことが何の役に立つかというと、安易に、無条件に存在する「楽」を追い求めてしまう間違いを犯さなくなる、ということです。
努力せず、苦労しなくても、「楽」になれることがある、という勘違いをしていると、そればっかり求めてしまいますが、本当は、独立した「楽」なんて、ないのです。
タバコを吸うとリラックスできるとか楽になれるというのは勘違いで、実はタバコを吸っている瞬間だけしか楽になってはおらず、タバコを吸っていない間中ずっと「苦」なのです。酒を飲むのもお腹が空いてもいないのに食べるのも、そうすれば無条件で「楽」が得られると勘違いしているからですが、実は無条件ではないのです。依存したり身体にダメージを与えたりするのと引き替えに蜃気楼の「楽」を得ているのです。一見お手軽、カンタンに「楽」になれるように見えて、実は自分で「苦」になって、そこからの開放感を得ているだけなのです。
だから、無条件の「楽」なんてない、ということを実感として理解して、「フロー」を探すことが大事だと思うのです。
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/08/11(水) 22:44:38

[やる気を出す方法] 「フロー」を大事にしよう

「フロー」というのは、某ゲームでユグドラシルの真ん中の印がなくなることではなく(古ッ)、作業に熱中して、他のことを忘れてしまったり、後で気がつくとすごく時間が経ってたりするような状態です。

そのことだけに完全に集中してて、作業がはかどり、終わった後も「疲れた」というよりは、「楽しかった」と思い、身体にエネルギーが溢れてる気がする、そんな状態です。

最近そんな状態になったのはどんな時ですか?

その時していたことが、あなたが本当にやりたいことです。そして、最優先でやるべきことです。

ぼくの場合、最近では、面白い小説やマンガを読んでいる時が、フロー状態だなと思います。
昔であれば、自分で思いついた小説のストーリーが自分でものすごく面白くて、それを形にしようとして、食事をするのも忘れてキーボードを叩いていた時。

最近そんな経験ないなあ、という方。
簡単すぎず、難しすぎない、大好きな作業をやってみましょう。ただし、集中して。
心配事を片付けて、やらなきゃいけないことは後で見直して思い出せるリストに出力して、とりあえずそれだけに集中できる態勢を作って、やってみましょう。

「フロー」できましたか?

「フロー」という言葉は、『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』という本にも出てきます。
フローの時が一番、能力が上がって成長すると書いてあった気がします。
仕事で結果を出す方法は、能力を上げることだと、ドラッカーさんも言ってた気がしますw
だから、仕事でフローできるのが一番望ましい。でも、仕事以外でも、とにかくフロー状態の時間をどれだけ持てるかが、幸せどうかの一つの基準になるとぼくは思います。
フロー状態になれる時間をどうやって確保するか、それをまず第一に考えようと思います。
そしていつかは、一万時間、です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/08/05(木) 23:39:04

[ブログ] 書きたいネタと望まれるネタ

そもそも、ブログを書こうと思うのはどういう時か。
ぼくの場合、何か思いついて、それが面白いと思ったとき。
しかし、それを面白いと思うのは、自分にとって新しいからというだけのこと。
他人からすれば、自分にとっては新鮮ではないことでも面白いと思うかも知れない。むしろ、そんなことの方が多いと感じる。自分にとってはわかりきっていること。でも、前提知識の違う人にもわかる言葉で説明をしたことはないこと。
そういうことを書く方が、読者にとってはたぶん面白い。
それに、自分ではわかっているつもりのことを説明するのは、新たな発見があったり、表現力を磨く機会になったりしそうだ。
さらに、ネタに困ることもなさそうだ。
ただ、文章を、納得いく形にするのが大変だ。難しい。手間がかかる。
新しいことなら、考えがまとまったところが、着地点だ。
でも自分の中に元々ある考えを表現するには、切り口を考えなくちゃいけない。膨大な量を体系的に説明したくもなってしまう。

ブログというか、ネットって、フツー、体系的に書くものじゃない。思いつきで、書きたいという短期的な気持ちに動かされて書くもの。何日もかけて記事を書くなんて、今まで考えたこともなかったし。
ただ、体系化することそのものが楽しければ、それもありで、他のブログと差別化できて良いかもしれないなあ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。