FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/10/25(月) 19:16:35

[政治・経済] ヤバい経済学

ヤバい経済学 [増補改訂版]』の内容のごく一部だけを紹介します。ぜひ読んでほしい本ですが、文庫化しないかな……。

大相撲に八百長は存在するか?


この問題を解くのに筆者が使ったものは、1989年1月から2000年1月までの上位力士によるほとんどすべての取組結果のデータ(281力士による32000番の勝敗)と、インセンティブの考え方。

大相撲を少し知っている人なら、8勝7敗と7勝8敗の大きな違いもわかるはず。
7勝7敗で千秋楽を迎えたら、どうしても勝ちたい。
10勝以上してる場合は、そもそも調子が良いだろうし、優勝や敢闘賞等がかかってるから、勝ちたい。
だから、千秋楽で7勝7敗の力士と8勝6敗の力士が対戦したらどうなるか、を調べてみる。
すると、7勝7敗の力士の勝率は、79.6%。
この対戦の、過去の成績から計算した、7勝7敗の力士が勝つ確率は、48.7%。
ちなみに、相手が9勝5敗だと、実際の勝率は73.4%で、計算上の確率は47.2%らしい。

まあ、7勝7敗の力士と8勝6敗の力士とでは、モチベーションが違う。
ただ、あまりにも勝率高いよね。
「無気力相撲」とは、うまいこと言ったもんだ(これは ともぞうの感想で、『ヤバい経済学』には書いてません。ついでにいうと、いつも8勝7敗でずっと大関だった力士がいた気がする)。

八百長といっても、優勝が決まる試合で八百長をするとか、本当は弱い力士がカネやなんかの力でぶっちぎりの成績をおさめてるとか、そんな類の八百長じゃない。
そんな八百長は、バレる危険性が大きいし、わざと負ける力士のインセンティブが小さい。
どうしても勝ち越したい力士と、もう勝ち越しの決まった力士との間に、八百長をするインセンティブが存在する。
この着眼点が、「ヤバい経済学」だ。

蛇足だけれど、証拠品を改竄するインチキをした検事にも、きっと大きなインセンティブがあったに違いない。
スポンサーサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/10/17(日) 22:23:52

[政治・経済] 日本の大問題が面白いほど解ける本

日本の大問題が面白いほど解ける本 シンプル・ロジカルに考える (光文社新書)』に書いてあることの一部を、まとめてみます。

その前に。
小飼弾が、404 Blog Not Found:二つのギャップ - 書評 - 日本の大問題が面白いほど解ける本というエントリで、この本に書いてある問題をどうやって解決するか? ということについて述べています。
私としては、ブログに書いて自分が理解して、他の人に話すことが、まずできることなのかな、という感じがします。
ですので、カンタンにですが、自分の理解のために、まとめてみます。

1 法人税減税は大企業優遇?


 法人税は二重課税。しかたなく課税しているにすぎない。
 法人が稼いだお金は、従業員の給与と株主への配当と内部留保になる。これらは、個人の所得や資産として課税されるので、法人税はそもそも二重課税である。ただ、資産や所得を国が捕捉しきれないから、逃げられないために法人にも課税しているだけの話。
 個人の所得や資産をちゃんと把握できるなら、法人税はゼロでも良い(海外の企業が日本に来て日本人個人に所得や資産をもたらしてくれれば税収は増える)。

2 税と社会保障の統合


 社会保障とは、そもそも所得の再分配である。
 所得税には、累進税率や控除により、所得を再分配する意味がある。
 所得税と社会保障は統合してしまうべき。
 各個人ごとに国→国民(社会保障)と国民→国(税金)の額がそれぞれいくらかが明確にわかる口座をつくれば、脱税や生活保護の不正受給等を防止するコストが下がる(総背番号制の導入が前提)。
 税金の控除だけ、社会保障の給付だけでは、勤労者の労働意欲と動機が損なわれがちであるが、両方を統合すれば、労働すればするほど収入が増える状態を維持しながら低所得者への保障ができる(給付付き税額控除)。

3 消費税を社会保障目的にするべき?


 今の日本の消費税には、所得の再分配の意味はない(逆進性)。
 景気に左右されにくい安定税源となる消費税は、地方の財源に回すべき。
 年金や保険はできるだけ大規模に集めて運用した方が良いので、国でやるべき。
 よって、「所得税-国-社会保障」「消費税-地方-必須の住民サービス」の方が良い。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/10/16(土) 23:05:25

[歴史] 逆説の日本史13 近世展開編

逆説の日本史13 近世展開編 江戸時代鎖国の謎 (小学館文庫)』の一番インパクトのある部分をごくカンタンにまとめます。

徳川綱吉は名君である。

綱吉は「犬公方」とか言われて、バカ殿の代表みたいに思われている。
「生類憐れみの令」という、人間よりも他の生き物を異常に大事にする悪法を作って、蚊を殺しただけの者を島流しにした。江戸では、道に打ち水するとボウフラがわいて、ボウフラを殺さないようにするのは難しいから、打ち水もできなくなった。等々。

でも、待ってくださいよ。
そんなの、綱吉を嫌ってた人間が大げさに言ってるだけに決まってるでしょ。
蚊を殺しただけの者をいちいち島流しになんかできるわけないでしょ、と。

綱吉の時代は、戦国時代が終わって、平和になった時代。
でもまだ武士は「切り捨て御免」とか言って、たいした理由もなく人を殺していた。
そんな世の中だったのが、綱吉の時代が終わる頃には、意味なく人を斬るようなことが激減した。

慈悲の心を持てという「生類憐れみの令」に対して、戦国時代の考え方を引き継いでいる武士が、自分の特権を取り上げられてる感もあって反発し、綱吉を嫌い、大げさに「蚊を殺しただけで……」なんて言いふらしていた。そんな構図なんじゃないの? ということです。

そうだとすると、法律を作ることで人の意識を変え、殺されたかも知れない人の命を救い、平和を作った綱吉は、今の価値観・倫理観からしても素晴らしい名君ということになりますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/10/11(月) 15:21:50

[歴史] 銃・病原菌・鉄

銃・病原菌・鉄〈上巻〉―1万3000年にわたる人類史の謎』の内容をめちゃめちゃカンタンにまとめたいと思います。
間違ってたらツッコミお願いします。

人類はアフリカで生まれて、他の動物と共に進化した。
他の動物に勝てるようになってからユーラシア大陸に行ったので、動物を飼い慣らすことができた。
人口が増えて、動物の伝染病に感染し、免疫力をゲットした。
アメリカまで行った人類は、強くなりすぎてたので、他の動物を滅ぼしながら南米まで進んでしまった。
家畜がおらず、免疫がなく、ヨーロッパ人の侵略に負けてしまった。
アフリカでは他の動物も人類と一緒に強くなっていってて、家畜にできない強い動物しか残らなかった。

ぼく的にはこんな感じですかね。
詳しくは、Google Earth のような人類史「銃・病原菌・鉄」: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるを読んでください。もちろん、本を買って読むのが一番です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2010/10/10(日) 01:34:40

[ダイエット] 体重が10kg以上減っていたことと、その理由に気づいた

軽度肥満の私をたった 3 ヶ月で 13.3kg 痩せさせた 5 つの方法と 3 冊の本 - にぽたん研究所を読んで触発されました。

私は毎日体重を記録しています。
風呂を出てすぐのところに体重計と画板とノートを置いています。
全く手間ではないので、毎日ちゃんと記録を続けてこれました。
しかし、せっかく記録しているのに、それをじっくり見直すことがありませんでした。
で、エクセルに入力してグラフにしてみました。

ともぞう体重グラフ

ただ記録していた体重をグラフにしただけなんですが、これだけで、色んなことがわかります。
まず、どういう時に太っているか、一目瞭然です。
このグラフは、1カ月に1回でも体重を量ってれば、そこに点を打って作っています。
点がない月は、一度も体重を量ってないということです。
体重を量っていない月は、必ず太っているのです。
体重を量らないから太ったのか、太っていったから体重を量らなくなったのか、両方な感じがしますが、相関関係にあることは明らかです。

平成17年末から平成18年3月にかけて5kgくらい減っていますが、この時は、毎日食べた物をすべて記録していました。
当時はレコーディングダイエットなんて知らず、「助走」「離陸」「上昇」とかって段階を分けるような洗練された方法でもなく、とにかく制限カロリー内に収めようとしていました。
それで、5kg減って満足してしまったことや、職場環境が変わってしまったこともあって、それ以上減らせずに終わってしまいました。

そして、グラフ上の山に二つ頂点がありますが、この時期、私の人生の中で一番忙しかった仕事が終わった時期と、見事に一致するのでした。体重を量ることさえできないほど忙しいはずなのに、夜中に食わずにいられない追い詰められた精神状態とか、そのせいで全く疲れが抜けない中で精神力で仕事をしたこととか、懐かしく思い出されて、体重記録してて良かったなあと思ったりするわけですが、それは個人的な話。

みなさんにお伝えしたい教訓は

体重は必ず量りましょう

ということと

その日の体重の数値じゃなくて、変化を見ましょう

ということ。

理論上は成功するダイエット法 ステップ2にも書いたんですが、体重は「速度」と考えるべきだと思います。そして「加速度」をゼロにする、つまり体重が増える原因を取り除くことが何より大事です。

たとえ太っていても、その体重が一定で変化していないのなら、生活を大きく変える必要はなくて、思いついたときに運動するとか食べるのを減らすとかすれば良いので、楽です。
続けること、習慣を変えることが何よりも難しいと思いますので。

私の場合、一番太ってた時と比べると一時は10kg以上体重が減りましたが、それは、自分が「仕事が忙しいとその苦痛を消すために無意識に暴飲暴食する。でも暴飲暴食では何も解決しない」等と、詳しく書くと長くなりますが、そういう気づきがあったときから、減り始めたのです。今は、職場の環境の変化のせいか、またヤバくなってきてますが……だいたい、私の場合、変化が激しすぎなので、とりあえず健康的に体重を一定させたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。