FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/05/31(月) 21:48:24

[GTD 手帳] 手帳の機能を冷静に考える

これまで、色んな形の手帳をつくって、使ってきました。
ノートにしたり、バインダーにしたり。大きいものにしたり、小さいものにしたり。
なぜ使いにくいんだろう、と考えて、電車の中とか、机のない場所で書きにくいせいだ、と気づいて、表紙を硬くしたり。
でも、どうやっても、完璧にはほど遠い。

手帳に対して、背反する二つの面を求めていたからだと、やっと気づきました。

手帳の機能は、言うまでもなく、見ることと、書くことです。
いつでもどこでも見るためには、小さく、中身の差し替えが可能な方が良い。
書くためには、大きく、真ん中にバインダーのリングなどない方が良い。

両方を完璧に満たすのは不可能です。

でも、よく考えると、両方の機能を、同じ一冊の手帳に持たせる必要はないのです。

すごく急いでいてほんのちょっとメモする場合は手帳にメモすれば良いけれど、色んなことを書きながら考えをまとめるなら、大きな紙を何枚でも使ってやる方が良い。

だから、「書く」のは、白紙と画板(クリップボード)でやる。手帳にちまちま書く100倍書きやすい。書いた紙は、Z式ファイルかクリアファイル(GTDのInBox)に入れておいて、後で処理する。

「見る」方は、できるだけ小さいシステム手帳が良い。探した結果、HJWP89 ポケットサイズ システム手帳が、小さくて、安かったので、採用しました(ホワイトにしたのは、やっぱり、失敗だった。汚くなる……)。

手帳に書いている内容は、

 単発のtodo(プロジェクトじゃないもの)
 スケジュール(カレンダー)
 参照資料(携帯してすぐに見られるようにしておかなければならない最小限)
 考えなければならない「お題」
 チェックリスト
 ほんのちょっとのメモ

です。

持ち運んでまで見なければならない、必要な時にすぐに見なければならない最小限の内容にしています。
書くのは、急いでいるときはこの手帳に書くけど、そうでないときは、その場で一番書きやすい道具で書く。
カチコチの画板(クリップボード)に白紙、は、どこでも、ものすごく書きやすいです。
そしてパソコンで考えるより、紙で考える方が、私は考えやすいので、パソコンがあるところでも、書く道具は必需品です。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/129-d21e7953

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。