FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/09/13(月) 21:40:18

[文章の書き方] 文章を書く目的

 文章を書く目的を、二つに分類してみます。
 一つは、「考えをまとめるため」、もう一つは「他人に考えを伝えるため」です。
 人間は物事を考えるのに、言葉(記号)を使います。そして自分がつくりだした文章(記号の集合)をみて刺激を受け、さらに言葉を重ねてゆきます。こうい う、いわゆる「対話法」で人間は思考しているのです。モヤモヤした自分の考えが、文章にしてみることですっきりする、というのはよくあることだと思います。
 もっとも、「考えをまとめるため」に文章を書く、というのは、未来の自分という「他人」に考えを伝えているわけですから、この二つを厳密に区別すること はできません。が、自分と他人とでは、その文章を理解するために必要とする知識に大きな差があります。また、自分の書いたものを読むときには書き手と読み手が一致しますから、書き手の意図を読み手が最初から知ってしまっている、という問題があります。
 大事なことは、「読み手を意識する」ということです。仲間内での文章のやりとりやチャットではすらすらとキーをタイプできても、WEBページの文章、小説や評論のような文章は書きにくい、というのはよくあることだと思います。誰に対して書いているのか、そのイメージを持たなければ書けないはずです。
 さて、この文章は誰に対して書いているのでしょう? 主に、「いい文章を書きたい」と思っている人に対して、ですが、なんとなくここを読んでしまった人をも意識しています。「文章の書き方」では「とにかく読み返し、書き直してください」と述べました。このカテゴリの他の文章では、読み返し、書き直す際に注意すべき点を述べます。必死に「いい文章を書きたい」と思っているわけではない人にも気軽に読んでもらえるように、文章自体で楽しんでもらえるように、書いていくつもりです。


2000年頃に「テキストのテキスト2 目的」として発表していた記事です。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/145-86c2241c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。