FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/10/25(月) 19:16:35

[政治・経済] ヤバい経済学

ヤバい経済学 [増補改訂版]』の内容のごく一部だけを紹介します。ぜひ読んでほしい本ですが、文庫化しないかな……。

大相撲に八百長は存在するか?


この問題を解くのに筆者が使ったものは、1989年1月から2000年1月までの上位力士によるほとんどすべての取組結果のデータ(281力士による32000番の勝敗)と、インセンティブの考え方。

大相撲を少し知っている人なら、8勝7敗と7勝8敗の大きな違いもわかるはず。
7勝7敗で千秋楽を迎えたら、どうしても勝ちたい。
10勝以上してる場合は、そもそも調子が良いだろうし、優勝や敢闘賞等がかかってるから、勝ちたい。
だから、千秋楽で7勝7敗の力士と8勝6敗の力士が対戦したらどうなるか、を調べてみる。
すると、7勝7敗の力士の勝率は、79.6%。
この対戦の、過去の成績から計算した、7勝7敗の力士が勝つ確率は、48.7%。
ちなみに、相手が9勝5敗だと、実際の勝率は73.4%で、計算上の確率は47.2%らしい。

まあ、7勝7敗の力士と8勝6敗の力士とでは、モチベーションが違う。
ただ、あまりにも勝率高いよね。
「無気力相撲」とは、うまいこと言ったもんだ(これは ともぞうの感想で、『ヤバい経済学』には書いてません。ついでにいうと、いつも8勝7敗でずっと大関だった力士がいた気がする)。

八百長といっても、優勝が決まる試合で八百長をするとか、本当は弱い力士がカネやなんかの力でぶっちぎりの成績をおさめてるとか、そんな類の八百長じゃない。
そんな八百長は、バレる危険性が大きいし、わざと負ける力士のインセンティブが小さい。
どうしても勝ち越したい力士と、もう勝ち越しの決まった力士との間に、八百長をするインセンティブが存在する。
この着眼点が、「ヤバい経済学」だ。

蛇足だけれど、証拠品を改竄するインチキをした検事にも、きっと大きなインセンティブがあったに違いない。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/161-0558a79b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。