セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ > スポンサー広告やる気を出す方法 > 毎日を充実させるカンタンで効果的な方法(カタルシス・メモ)

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/28(日) 07:33:30

[やる気を出す方法] 毎日を充実させるカンタンで効果的な方法(カタルシス・メモ)

「思いついたことを紙に書くだけ」です。

まとめると、次のようになります。

やると良い理由

  1. カタルシスが得られる
  2. 余計なことを考えなくて済むようになる
  3. 潜在意識に重要な質問を投げ込むことができる

注意点

  1. 一人きりになる
  2. 何も見ない
  3. 白紙に書く
  4. 書いたことを後で利用することを考えない
  5. やる時間やタイミングはいつでも良いんじゃね?

他の方法との比較

  1. アファメーション
  2. GTDの「収集」
  3. 日記
  4. ツイッター

何かを思いつく時って、「考える人」のポーズを取ってうんうんうなってる時じゃなくて、何か他のことをしてるときですよね?

そして、気がつくと頭の中を同じ考えがぐるぐる回ってる時ってありません? 壊れたテープレコーダがエンドレスで再生してるみたいに。

あと、女の子としゃべってると、こっちが一生懸命話してるのに、それとはまったく関係ないことを女の子は話し出したりしません?

つまり、意識って、連続したものじゃなくて、ぷちぷち途切れてるんですね。
人間って、同じことをずっと意識して考え続けられない。
でも、潜在意識はずっと考え続けて、答えを見つけると、それが突然意識に上ってくる。
意味のあることをずっと考え続ければ良いけど、ほとんどの場合、どうでも良いこと、どうしようもないことばっかり、潜在意識って考え続けてる。
友達に言っちゃいけないこと言ってしまったなあとか、今日の仕事失敗したらどうしようとか。

潜在意識に余計なことを考えさせず、考えなきゃいけないことはもっと考えさせる(問題意識を持たせる)のが、今紹介している方法です。

何か名前をつけたいなあと色々考えましたが、いまいち良いのが思いつきません。
とりあえず、「カタルシス・メモ」と呼びます。大げさな言い方ですが。
仕事のクレーム処理なんかに行くと、こちらの対応と何の関係もない愚痴を延々聞かされることが、良くあります。
でも、ずっと相づちを打ちながら聞いてると、だんだん相手の態度が優しくなってきて、2時間くらい経つと、最初の怒り方がウソのようにおとなしくなります。
こちらが「謝罪」したり、「反省」したり、「改善を約束」したりといったことを一切しなくても(というか、一言も意味のある言葉を発しなくても)、相手は急にこちらの立場を理解してくれます。
相手にしゃべらせず、こちらの立場を説明すると、一切聞いてくれません。いくら論理的に正しく説明しようと、感情を込めて訴えようと、通じません。
でも、先に相手にしゃべらせるだけしゃべらせると、すっと通じます。
同じような経験をしたことのある人も多いと思います。
一種の「カタルシス」(浄化)ですね。

潜在意識も同じようなものだと感じます。

本(『フェイク・イット~1日1分の心理セラピー「英語アファメーション」で夢はかなう!』)を読むと、「潜在意識に『自分はできる』とか言い聞かせると良いよ!」とか書いてあります。
目標を紙に書いて毎日見て擦り込んでると夢が叶うとか書いてる自己啓発書も多いです。

でも、潜在意識に無理矢理入れようとしても、入らない気がします。

先に出してあげた方が良い気がする。

だから、何も考えずに、出すことだけに集中します。
トリガーリストとか、何も見ずに、ただ白紙に書くだけ。
一人きりで、集中して、書いたことをどう使おうとか、こんな事書いたら恥ずかしいとか、一切考えず、ただ出すだけ。
ウンコやオシッコを排泄する感覚で。

すると、カタルシスが得られて、その後はあらゆるものが心のなかにすっと入ってくる感じがします。
そして、考えなきゃいけないことを、他のことをしている間も、勝手に考えてしまっています。

なぜそういう効果が得られるのか、ちょっとだけ考えてみると、どうでも良いことが頭の中を勝手にぐるぐる回ってしまうのは、それがどうでも良いことだと理解できていないからだと思われます。
というか、具体的にはっきりした形になっていない思考や不安は、頭の中に居座り続けると思うのです。
だから、言葉にして紙に書いてあげると、脳は、ああこういうことかと納得して、考えることをやめてくれる。
そうやって余計な考えを排泄してあげると、意味のある、考えなきゃいけないことをちゃんと潜在意識が処理し始めて、他のことをしながらでも自動的に考え続けてくれる。
そんな感じだと思います。

朝起きてすぐにやると、頭が働き始めるし、夜寝る前にやるとよく眠れるような気がします。昼間にやっても良いけど、他人に見られないところでやった方が集中できるので、仕事中はやりにくいかな。

GTDの「収集」と同じじゃね? という感じもすると思いますが、「やらなきゃいけないこと」を「全部」「集めなくちゃ」と思うのと違って、ただ思いついたことを書くだけなので、敷居は低いと思いますよ。そしてやってると気持ち良くなってきてたくさん書けてしまうのは、同じ。

日記とかツイッターのように、読み手を意識してしまうと、敷居が高くなるし、エンタテインメントしなきゃ、と思ってしまうので、一人で紙に書くだけの方が良いと思います。
あと、自分が紙を見るだけなので、恥ずかしがらずに何でも書きましょう。

ぜひ試しにやってみてください。気持ち良いですよ。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/167-fe356fa4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。