FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/12/29(水) 23:19:25

[三毒追放] 怒らないのは本当に良いことか

怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書)』とか『もう、怒らない』とかが売れたり、怒らないでいられる19の方法 - チョコっとラブ的なにかがブックマークを集めたりしている今日この頃ですが、そもそも怒りっぽい人に「怒らない方が良いよ」と言っても無駄なのではないかと思ったり。

本を読んだりネットで見たりして「よし、怒らないようにしよう」と思う人は真面目(すぎる)な人が多いような気がします。
そういう人が、怒りを我慢しようとか押さえつけようとかすると危険だし、損します。

そもそも、世の中、声の大きい、態度のでかい、いつも怒っている人の主張の方が通りやすいのです。ゴネたもん勝ちです。そんなことは、2年ほど社会人やってれば誰でも骨身にしみて分かってるはずなので、今さら私ごときが偉そうに言うまでもないと思うのですが、総理大臣とか官房長官とかがわかってなくて国同士の関係でババ引いてるんじゃないかと思わずにいられません。

私は ちきりんさんの文章を読むといつも、自分が思っていることと正反対のことが書いてあって、ちきりんさんの意図通りに反応するのも嫌なので、あえて読まないようにしているのですが、それでも ちきりんさんの日記はすごく目立つので時々読んでしまいます。

今日私がここで書いている文章も、ちきりんさんの「得るモノ、失うモノ - Chikirinの日記」というエントリと、ある意味反対かも知れません。

しかし、ずっと一緒に仕事をしていく相手でもない限り、自分の主張・意見を通そうとしないことは損です。

いや、主張・意見を通さなくても良いんです。

主張・意見を示して、相手にしっかり伝えた上で、譲るのなら。

周りを見ても、自分の主張を無理に通そうとしてる人より、自分の主張をはっきりさせない人の方が圧倒的に多いです(たぶん、日本人の特徴なんでしょう)。

怒りというのは、自分が不当に扱われた時の感情でしょう。

怒っているときの「自分」には、サポートしてくれている家族、指示に従ってくれている部下、協力してくれている他人の、努力や感情が含まれていませんか?

含まれているのに、それが不当に扱われたことに対する、自分の気持ちを表現することを放棄していませんか?

こちらの気持ちというのは、一生懸命工夫して、言葉を選んで、ボディランゲージを使って訴えかけても、半分も伝わりません。

「自分や自分の仲間が不当に扱われたことに対して、抗議の気持ちを持っています」という大事なメッセージを伝える努力を、あなたは充分していますか?

これは日本政府にも言えることですが、怒らないことに気を遣うよりも、怒っている気持ちをうまく(充分に印象づけられるように、かつケンカにならないように)伝えることのほうが重要なんじゃないですかね。

上司の前では全く怒らず「はいはい、その通りでございますね」と言っておきながら、部下の前では「あの上司は俺たちの怒りを全く理解しない」とか言ってる中間管理職、かっこわるくね?

そういう意味で、怒らないことよりも愚痴らないこと、陰口を言わないこと、陰口を言わなくて済むように、表で自分の思っていることをきっちり表現できるようになること、の方がよっぽど重要かと思います。

ほんじゃーね
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/174-65596ad1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。