FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ > スポンサー広告マンガ > 『HER』(このマンガがすごい!2011オンナ編1位)と勝間和代

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/08(土) 10:53:35

[マンガ] 『HER』(このマンガがすごい!2011オンナ編1位)と勝間和代

HER (Feelコミックス)
HER (Feelコミックス)
posted with amazlet at 11.01.08
ヤマシタ トモコ
祥伝社 (2010-07-08)
売り上げランキング: 1353


ご多分に漏れず、「このマンガがすごい!2011」1位ということで買ったわけですが。

すごいわ。

少女マンガ、というか女性向けマンガは、ブンガク、いや芸術ですね。世界に誇るべきもののような気がする。

女性向けマンガの良くあるパターンとして、一見理不尽な行動を取り続ける主人公が、なぜそんな行動を取ってしまうのか、どういう感情を持っているのか、そういう謎を牽引力として物語が進んで、最後にその動機や感情が言語化されてすっきりして終わる、というのがあるわけですが。
たいてい、物語の外形的には何も解決していません。ただ、謎だった主人公の感情がはっきりして、たぶん、主人公は今後ちょっとだけ生きやすくなるんだろうなと読者が思わされるだけです。
でも、読者は、謎である主人公の感情を想像しながら読んでいるうちに、現実の生活では味わったことのないはずの感情を、まるで以前から知っている感情のように、存分に味わうことができて、そして最後に、ああ、こういう感情なんだなと、納得して、満足して読み終えるわけです。
その感情は、一言で言ってしまうと、恋だったり友情だったり嫉妬だったり執着だったりするわけですが、一言では足りないから作品が成り立つわけで。
この、感情の表現の豊かさは、ホントすごいなと思います。
男にも、感情はあるんだけど、それを言語化する能力を持ってない。少女マンガを読んでないから、自分の心のなかという、複雑怪奇でワケワカンナイ、でも魅力的な世界を、見る目がないんですね。

おまえどんだけ勝間和代好きやねん、と突っ込まれそうですが、勝間さんの場合、別のものを言語化する能力を持ってて、それが彼女の真骨頂なわけです。

暇人\(^o^)/速報 : 勝間和代の「桃鉄論」がガチすぎて引く - ライブドアブログ

ヤマシタトモコ先生の描く主人公が桃鉄やってると、その内心は

キライです。
性格良いっぽく見える女が。一生懸命勉強して、努力して、仕事ができるようになった女が。
だいきらいです。
そういう努力ができる人間に生まれてきただけなのに、一生懸命やってますって顔で、だから貧乏神がつかなくて、お金いっぱい儲けて当たり前って顔して。
ずるいッ。ずるいずるいずるいずるい。ずるいのよぉっ、ああいう女ッ


って感じなのに対して、勝間和代の内心は

人によって、桃鉄のPlayの仕方は違うと思いますが、私の最優先事項は「貧乏神をつけない」です。マイナス駅を踏んでもいいから、貧乏神はつけない。
運転資金に余裕を持ち、それでもマイナスを踏んだときには、潔く売却。
なぜなら、マイナス駅はリスク・リミテッド。貧乏神は∞だからです。


ぶっとびカードは、期待値とバランスして考えます。急行が7、特急が10.5、
新幹線が14だから、ぶっとびは目的地から40以上離れているときでないと、
実はあまり効果的ではないと思っています。ただ、貧乏神回避にはたまに必要。


って感じですからね。

結婚について

そういう意味で結婚がいいのは、特定の相手といつでもHができるからです。しかもホテルを使うよりお金がかかりません。最近、1平方メートルあたり1000円というホテルの法則を見つけたのですが、50平方メートルのスイートは1泊5万円、結婚して50平方メートルの家に住めば家賃12万円で、2晩半で元が取れてしまう計算です。相手の確保と経済面を考えても、やっぱり「誰かとホテルに行くより結婚」をお勧めしたいです。

(『結局、女はキレイが勝ち。』)



という名言を残している勝間さんの心のなかを、ぜひヤマシタトモコ先生に描いてもらいたいなあと思う今日この頃です。

念のため、私はマジで勝間さんを尊敬してますが、あまりにもキャラが面白いのでネタにしてるだけです、誤解なきよう。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/180-18d804d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。