FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/01/17(月) 08:56:37

[日記] NTRは絶対に笑ってはいけないか

このブログはわりと真面目な話が多いのですが、今日はどうでもいい話を。

と言いながら、小難しい話をしますが、人間、他人が痛みを感じているのを見ると、自分が痛みを感じたときと同じ脳回路が活動するらしいです。人間に限らず、ネズミでも、同じ巣の仲間の苦痛を理解するのに、痛みの回路を使っているそうな(『単純な脳、複雑な「私」』池谷裕二)。

ちょっと違うかもしれませんが、言い換えると、「他人が痛がっているのを見ると自分も痛くなる」。

たぶんこれを応用してると思うんですが、最近のテレビ番組、やたら出演者が美味しいモノ食べてますよね。派手に「うまい!」とか叫びながら。視聴者も、見てるだけで、なんとなく良い気分になるという計算じゃないでしょうか。

それから、伝える内容は編集されたビデオを流すんだけど、画面の隅っこに四角い枠を作って、そこにビデオを見ている出演者の顔を映す方法(ワイプというらしい)。

何かを表現するときに、その対象自体を描写するんじゃなくて、その対象が周りに与えた影響、もしくは周りの人間のリアクションを描く、というのはある意味基本ではあるんだけど、テレビで出演者がワイプの中で無理に表情作ってるのを見ると、「視聴者をバカにしてるのか」と思いません? 「ビデオのなかみなんか、アンタには理解できないだろう。このビデオを見た人は普通こういう反応をするんだぞ、教えてあげよう」的な意図を感じるのです(感じすぎかもしれません)。単純に、出演者が何か面白いことを言ったときに、録音された笑い声が挿入されるのと同じだとは思うんですが。

みんな(テレビの中の出演者)が面白がってるから、これはおもしろいに違いない、と思いながら見てると、本当に面白く感じてしまう、ということだと思います。

で、「絶対に笑ってはいけない」シリーズでは、笑ったらおしりを叩かれることがわかっているにもかかわらず、出演者は笑ってしまうわけです。それだけ出演者が本当に面白がっている。そして、「他人が面白がっているのを見ると自分も面白くなる」。

ぼくはよく知りませんが、NTRって、気持ち良くなってはいけない状況で気持ち良くなってしまっている人を見て、自分も気持ち良くなってしまう、ということなのかな、と思ったり。

いや、どうでもいいことを長々とすいません(笑)
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/186-6128b5db

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。