セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/25(金) 17:52:58

[やる気を出す方法] 失敗したらすぐあきらめろ

太鼓ポリリズム

ワタクシ、超ヘタ(というか、素質が全くないと思われる)なんですが、iPadで太鼓の達人をやっております。とは言え、上の画像のプレイ回数と得点の相関のなさは何かの間違いだと信じたいですが……。

太鼓の達人では、ノルマクリアに失敗しても、何度もやってるといずれ成功できるようになることが多いです。
しかし、素質が全くないワタクシは、何回やってもいつまで経っても成功できないことが多々あります。

どうしてゲームってこんなに楽しいのかなって考えると、一つは、自分がレベルアップして、ほんの数分前の自分にできなかったことができるようになる、というのが大きな要素としてあるよなあ、と思うわけです。

うまくなってる。レベルアップしてる。できるようになってる。
それが、目の前に、ビジュアルに、ばーんと、表現されるわけです。
「ノルマクリア成功!」「フルコンボ!」って。
うれしくてしょうがない。

ところが、何回繰り返してもできるようにならないと、だんだん哀しくなってくる。
もうやめよう……と。

でもある日、楽しさを思い出して、もう一回やってみる。でもできない。
そんなことを繰り返してるうちに、「どうやったら上達するんだろう?」と考え始めました。

そもそも、なぜできるようになるんだろう?
それは、知識が頭のなかに増えるからじゃないんですね。身体で覚えるからなんですね。

成功したときの身体の動かし方を身体で覚えるから、できるようになる。
いくら失敗を繰り返しても、できるようにはならない。

以前にぼくは、たった一つの冴えたタイピング練習法というエントリで、「タイピングが速くなる方法は、とにかく間違えないように大量にタイプすること」だと書きました。
「間違えないように」がポイントで、速く打とうとしても上手くならない。正確に大量に打つと、速くなると思うのです。
正しい身体の動かし方を身体が覚えるから。

そして、先日、tumblrにあるquote(ともぞうクリップ ―  私ははじめてのシェイピングに2時間40分を要したわけだが、その後研究をつづけ、数十羽のハトをシェイピ...)をしました。

要するに、ハトに何らかの行動を教える際、ハトがその行動に失敗したら、すぐに前の段階に戻るべし、ということです。
これも、できない段階のことを何度繰り返しても、できるようにはならない、失敗を繰り返しても意味はない、ということだと思われます。
それどころか、失敗した行動を学習してしまって、余計悪くなる可能性もあるでしょう。さらに人間の場合、モチベーションや自信がなくなって、取り返しがつかなくなるかもしれません。

ということを考えて、太鼓の達人で、それまでは「むずかしい」クリアできていない曲を繰り返してたんですが、やめて、「ふつう」や、すでに一度フルコンボでクリアした曲をやってみたのです。
しばらく繰り返してから、以前クリアできなかった曲をやってみると、あら不思議!
クリアできた! 自己ベストが出た! 超たのしい!

失敗したら、すぐにあきらめて、できることをやりましょう。
ただ、「人間は失敗しないと学べないって勝間和代が言ってたぞ!」と言う方。
その通り。
ですが、同じ失敗は絶対に繰り返してはいけません。クセになります。
また同じ失敗を繰り返しそうだなと思ったら、潔くあきらめて、成功を繰り返してスキルを上げてから、再挑戦しましょう。

ダイエットでも禁煙でも、同じだと思います。
失敗して自信をなくすくらいなら、やらない方が良い。ただ、やらないよりは、拍子抜けするくらい簡単なことをやる方が良いのです。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/197-343a8bbe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。