セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/13(水) 22:27:48

[日記] 動かない、変化しないとすごく疲れる

デスクワークで疲れるのって、身体を動かしすぎるからでは決してないですよね。なのに、実際疲れる。動かさず、固定しすぎるのって、ものすごく危険だなと最近思うわけです。身体の動かしすぎについては、筋肉(神経)にリミッターが付いてたり、息が切れたりして安全装置が働く。でも、固定しすぎについてはそれがない。
同じ距離・方向のものを見続けて、眼球が固定されすぎて、目が疲れる。
首を固定しすぎてて、肩がこる。
単調な講義を受けたり会議に出たりして、眠たくなるのは、脳に刺激が行かなくて、「流れ」が滞って、固定されてしまうから。
ずっと動かずにじっとしてたり、狭い、変化のない部屋に閉じ込められたりしたら、すぐに精神が疲れてしまう。

一番簡単な解決法は、たぶん、歩くこと。
いろんな距離・方向のものを見て目を動かすには、自分の身体を移動させるのが一番良い。
人間が一番得意で、長時間続けられる「歩く」という運動によって、身体中に血液が行き渡り、「流れ」がよどまない。
脳に刺激を与えるにも、身体を動かすのが一番良い。そして脳の血行も良くなる。

それから、身体の一部が「固まって」しまった場合、そこを無理に動かそうとせずに、ほかの場所を動かした方が良い気がします。
例えば、首を右に回すと痛い場合。動かさずにいたから固まってしまったから、動かそうとするわけですが、ここで無理に右に回すと余計痛くなります、経験上。そういうときは、痛くない方向に、無理せず何度も動かす。するとだんだん、右に回す動作も楽になってきます。
右の鼻が詰まっている場合。無理に右を通そうとしても、うまくいかない。逆に、右の鼻を押さえてしまって、まったく空気が通らないようにして、左の鼻の穴で呼吸する。しばらくすると、右の鼻も通るようになります。
お試しを。

あ、あと、眠るときに重要なのは、寝返りを妨げないようにすること、らしいです。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/209-56c82b23

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。