FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/04/25(月) 23:25:43

[ブログ] はてブやろうよ

わたくし、1998年から2000年にかけて、「テキスト向上委員会」なるサイトを運営しておりました。
なかみは、要するに手動のはてブで、リンク先のオンライン小説を読んで面白かったらボタンを押してもらう、というもの。
コメント(「推薦文」と呼んでいた)を書き込むこともできました。

ただ、運営は本当に手動で、サイト上のボタンが押されると私のところに作品のタイトルと投票者のIPアドレスが記載されたメールが届いて、それを私が自分の目で見て、得票数を集計して、その多い順に手書きのHTMLを書き直してアップロードして更新するというローテクぶりでありました。
そもそも、このリンク集に載せるには、私は、登録フォームに記載されたURLに置いてある小説をちゃんと読んで、紹介文を書かなければなりませんでした。
それでも、宮本信一郎さんの小説が69票を集めてたり、同一IPで毎週毎週必ず同じ曜日にしつこく投票してくる人がいたり(もちろん票数に反映はさせていないのに)、それなりにごく一部の人のお役に立ててたかなと思っています。

学生だったとは言え、結構な時間を費やしてこんなサイトを運営していたのは、自分が欲しかったサービスだからです。
自分の書いたもの(テキスト向上委員会の場合は小説)に対する評価・感想が蓄積され、紹介される。
当時の自分が、ほんっとーに、心から欲しかったこと。他人にたくさん見られたかったし、評価されたかったし、感想を聞きたかった。

今なら、はてブがあります。

Googleのような機械的な整理はもちろん必要ですが、人間による評価の蓄積すなわち大量の情報の整理は、絶対に欠かせないと思います。
ある程度合理的な評価システムが存在することは、どんな書き手にとっても、少なくとも損はないと思います。
書き手はみんな、ある程度認められたいはずです。まず、認めてあげましょうよ。

はてブは衆愚だと言われたり、偏ってると言われたりしますが、まだまだフツーの人の利用が少ないだけなんじゃないかと私は思います。
みんなもっと、はてブ使いましょうよ。
それから、ともぞうブログの記事も、はてブしてくださいw
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/217-27e2818a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。