セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/05/06(金) 00:13:28

[自己啓発書] 人生がときめく片付けの魔法

人生がときめく片づけの魔法
近藤 麻理恵
サンマーク出版
売り上げランキング: 15


実用書で久しぶりの、オレ的大ヒットです。
思わず、すごい勢いで片づけし始めてしまいました。

二度と散らからない、片づけられる正しいマインドが身につく、大好きなモノだけに囲まれた生活ができる、正しい片づけ方がわかります。そして、片付けで、いかに人生が変わるかも。

「片付けは祭り」であり、「一気に、短期に、完璧に」やるべきだと書いてあります。
片付けの前に、理想の状態を考える。そして「捨てる」と「置く場所を決める」の二つの段階を混ぜず、まず、捨てる段階を完璧に終わらせること。
さらに、場所で分割して進めるのではなく、モノの種類ごとに一気にやるということ。
どれも納得。

「わかっちゃいるけど、捨てられない」時、どうするか。
著者は言います。「とことんそのモノに向き合ってみてほしいのです」と。

「思い切って捨てる」「機械的に捨ててしまう」のではなく、「とことん向き合う」。ある意味修行ですが。
私の場合、本棚を占領しているだけで読み返さないとわかっている本と向き合ってみて

「保留」という判断がいかにラクか

を思い知りました。「判断」せず「保留」することが、いかに新陳代謝やPDCAサイクルを阻害し、大きなリスクを負うことであるか。

有限な人生の時間の中で、自分が何に集中するべきかを判断せず保留し続け、「とりあえず読んでおいて損はないだろう」という本を消費し続ける。そんな、モラトリアムでさえない現実逃避をいつまで続けるのか。

そこまで考えさせられましたw
良いこと書いてあります。
最後には「本当の人生は、片づけたあとに始まる」とも。

世間のありがちな考え方を見せておいて反対側にぶった切る、文章の爽快感も、なかなかのものです。
欠点は、図や絵が本文中に一切ないことくらいです。

が……。
そんなことより、大変なことが。
著者のこの、ルックスです。

こんまり

しかも、元巫女さんですよ?

ただ、性格はむちゃくちゃキツそうですけどね……。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/218-822d0f9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。