セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ > スポンサー広告evernote 情報収集 整理法 > ほとんどの人にとって最適な、evernoteを使ったタスク・todo・ネタ・アイデアの管理法

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/06/16(木) 21:08:21

[evernote 情報収集 整理法] ほとんどの人にとって最適な、evernoteを使ったタスク・todo・ネタ・アイデアの管理法

まず、私の失敗は、次の二つ。

  1. 「持ち歩く」「一カ所に集める」にこだわる
  2. 「忘れずにやらなくちゃいけないこと」と「期限はないけどやりたいこと」を一緒にしてしまう

GTD的に考えると、すべてのやるべきことをいったん書きだして、必要なときは思い出せるようにしておけば、余計な心配をせずに目の前のことに集中できる、ということになる。
そして、手帳とかiPhoneとか使うと、すべてのやるべきことを一カ所に集めて持ち歩くことができそうな気がする。
ところが、手帳やiPhoneでリストを「開く」には、ワンアクションが必要。忘れちゃいけない用事が入ってると、必ず毎日「開く」アクションをして、チェックしなくてはいけない。これが意外とおろそかになる。忙しいときだと忘れてしまって、大変なことになる。
それから、せめて週に一度は、リストを見返して、更新をしなきゃいけない。これがすごく面倒。なぜなら、全部が一カ所に集まってるから。やらなきゃいけないと考えただけでイヤになる。
そもそも、会社と自宅を往復する毎日で、休みの日には遊びに行くなら、別に持ち歩く必要はない。わざわざ通勤時間にタスクリストを見たり更新したりする必然性もない。

よって、解決策は

  1. 「忘れちゃいけない用事」「期限はないけどやりたいこと」を分ける
  2. 忘れちゃいけない用事は、家や会社の壁に貼ったり、googleカレンダーから携帯メールにリマインダーを送ったりする
  3. やりたいことのリストは、evernoteで「要見直し」ノートブックに入れて、「押し出しファイリング」(「超」整理法)する

ということになる。

「壁に貼る」というのは強力な方法で、手帳やiPhoneを取り出して「開く」ワンアクションが要らない。いきなり「見る」ことができるし、やらなきゃいけない場所、思い出さなきゃいけない場所に着いた瞬間に「見える」。
ただ、貼り紙やホワイトボードが背景や景色みたいになっちゃって忘れちゃうのには注意。絶対忘れちゃいけない場合は携帯メールでリマインド。
やりたいことってのは、当然時間の経過によって変わっていくし、GTDで重要なのは週次レビュー。これをできるだけラクにするために、evernoteに「要見直し」ノートブックを作って、1タスク1ノートで、やりたいことを書いて放り込んでいく。週次レビューの時に、重要だと思ったタスクは改行を一つ入れるだけでも良いから更新する。もう興味がなくなってやらなくて良い、レビューもしなくて良いと思ったタスクは「保管」ノートブックに移動。毎週これをしていくと、「要見直し」ノートブックを更新日時でソートしたときに、重要なタスクから順に並ぶことになる。「保管」ノートブックに移したタスクを復活させたい時は、色んな方法で検索すれば出てくるはずなので、安心して移せる(あらかじめタグを設定しておいても良い)。「要見直し」ノートブックを、見返すのがイヤにならない量に抑えることができる。

iPhoneやevernoteやその他ツールをいじること自体が楽しい間は良いけれど、ちょっと飽きてくると、管理がすごく面倒になってくる。だから、この方法は、ほとんどの人にとって最適な、evernoteを使ったタスク・todo・ネタ・アイデアの管理法ではないかと思う。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/225-d84595a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。