FC2ブログ

セルフコントロール研究所 ~ ともぞうブログ

--/--/--(--) --:--:--

[スポンサー広告] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/08/27(土) 21:39:03

[文章の書き方] 読者はバカなのか

昔、池田信夫が勝間和代の「年収10倍アップ」本について、くだらないとかタイトルがひどいとか書きましたが、それに対して勝間和代が「そんなの、わかっててわざとやってます」的にあっさりやっつけたことがありました。
池田信夫はどうしてこんな恥をかいてしまったのでしょう?
池田さんの発言は、勝間さんに直接自分の感想を述べたのではなくて、第三者に対して、勝間さんの本をけなすことで「おれは賢いんだぞ」と間接的に言おうとしたからではないでしょうか。
池田さんの発言が、どうしても本の内容やタイトルに納得がいかなくて、勝間さんに直接抗議したいがためになされたものであるなら、わかりやすく書けば

「年収10倍アップって書いてるのに、これ読んでも年収10倍アップできへんやん! 詐欺やん!」

となると思います。
ところがこう書いてしまうと自分がバカに見えてしまいます。というか、池田さんはこんなバカじゃないはずです。
つまり、「オレはバカじゃないけど、バカな読者が騙されてしまうだろ! 詐欺だ!」と言っているわけです。
勝間さんは、「誰も本気にはしないだろうけど、これくらい書いとけば気になって本を手にする人もいるんじゃないかな」と思っているわけです。
どっちが読者をバカにしているでしょうか。

「小説の読み方の教科書」を書き、それを伝えていくのがぼくの使命 - ハックルベリーに会いに行く

この記事は、「もしドラ」関係の記事に対して作者が反論してるものです。
これを読んでぼくが思ったのは、こんなことで言い争う必要があるのかな、ということです。

読者が「自分はこう思った」と書けば、作者は反論しようがないと思うのです。
ところが、「自分はこう思った」ではなく「みんなこう思うはずだ、だから作者の書き方は間違ってる」と書いてしまうから、ややこしいのです。
あるいは「一般的な読者はこう思うはずだ、だから作者の書き方は正しい」と書いてしまうから。

職場でも、本人同士がケンカするのは別にどうってことないんだけど、ケンカしてる相手の悪口を第三者に言い始めたり、ケンカ相手への伝言を第三者に頼み始めたりすると、迷惑極まりないですよね。

逆に、伝えるべき相手に、まっすぐに誠実に伝えるべく書かれた文章は、第三者にもたくさんのことが伝わると思うのです(伝えるべきことを伝える努力 ~ ともぞうブログ)。

リアルで他人の陰口言っても後に何も残らないけど、ネットでは残っちゃう。
だから、本来なら誰に対して言うべきことなのか、よく考えないと、後で恥ずかしいかも知れない。
スポンサーサイト
トラックバック:0 - http://tomorozo.blog10.fc2.com/tb.php/237-f3927a3e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。